HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.85 (2014/8) >

 
Title :病弱児の抱える心理社会的問題に関する文献的考察
Title alternative :The Literature Study on Psychosocial Problems of Children with Health Impairments
Authors :森, 浩平
田中, 敦士
Authors alternative :Mori, Kohei
Tanaka, Atsushi
Issue Date :Aug-2014
Abstract :近年、院内学級の子どもの心理的問題の重要性が指摘されているが、入院児のプライバシーや心理的安定を守るために現場の警戒心が強いことなどが要因となり、これまでの病弱児を対象とした心理学的な研究は多いとは言い難い。そこで、本稿では病弱児の抱える心理社会的問題に関する文献のレビューを行った。病弱児は年齢や発達段階、疾患の状況ごとに、不安の内容や自己認識、疾病の受容などについてそれぞれ特徴がみられた。また、精神的負担を軽減する要因については、対処行動や自己効力感、ソーシャルサポートなどが影響を与えていることが先行研究より明らかとなった。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/31997
Citation :琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus no.85 p.117 -122
Appears in Collections:No.85 (2014/8)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No85p117.pdf801KbAdobe PDFView/Open