HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
International Institute for Okinawan Studies at the University of the Ryukyus >
Research Report (International Institute for Okinawan Studies) >

 
Title :米軍基地による環境変化が与える自然および社会への影響に関する複合的研究
Authors :藤田, 陽子
我部, 政明
前門, 晃
桜井, 国俊
Authors alternative :Fujita, Yoko
Gabe, Masaaki
Maekado, Akira
Sakurai, Kunitoshi
Issue Date :Mar-2015
Abstract :2012(平成24)年度~2014(平成26)年度(*2015(平成27)年度期間延長)科学研究費助成事業基盤研究(B)成果報告書 / 研究概要:本報告書は,3年間にわたる事業の成果としてまとめたものである。できる限り多角的に基地環境問題を捉えるため,研究チームのメンバーに加え,本研究課題の研究協力者にも論文執筆を依頼した。以下,掲載論文を簡単に紹介する。我部論文「化学兵器の沖縄からの撤去をめぐる日米琉関係」は,1971年の米軍の沖縄からの化学兵器撤去に関する米国政府等の意思決定過程を中心に,日米両政府聞における政治的思惑や,沖縄側の葛藤などについて分析している。前門論文「沖縄県における米軍基地と赤土流出」は,自然地理学の立場から,沖縄における米軍基地からの赤土流出の現状についてキャンプ・ハンセン周辺を中心に分析し,基地内裸地からの流出量が桁違いであることを指摘し,問題解決の必要性を訴えている。桜井論文「返還米軍基地跡地の浄化に関する日韓比較」は,本研究課題期間における複数回にわたる韓国調査に基づいている。同じように在外米軍基地の返還跡地の汚染や浄化の問題を抱えながら,土地所有形態の違いや地位協定の内容により大きく異なる状況にある沖縄と韓国を比較し,問題の根底を明らかにしている。川瀬論文「米軍基地を維持するためにどれだけ財政負担しているか」では,思いやり予算や特定防衛施設周辺整備交付金等,米軍基地を巡る様々な予算について客観的な財政分析を行い,それらの目的や根拠の不明瞭性を明らかにするとともに,米軍基地を沖縄に置き続ける理由となっていることを指摘している。林論文「米軍基地返還の意義」は,横田基地の軍用機騒音による社会的費用を推計するとともに,跡地利用推進特措法の役割の検証,そして軍事基地環境問題を考える上で,従来の経済計算の不備を指摘,「生の破壊を考慮に入れた経済学」の必要性を論じている。
Smith論文"Trouble in Paradise?US Military Forces Abroad,American Environmental Law,and the Law of Jurisdiction"は,在外米軍基地所在地での米国環境法の適用について論じている。たとえば普天間飛行場の辺野古移転に関しては,仮に米国連邦絶滅危慎種法等がされるとするならば,移転計画自体が中止されなければならないとしている。Davis論文"When the Bombs Stop: Environmental Issues after Military Base Closures"では,グアム,ハワイ,ヴィエケス島(プエルト・リコ)の各地における米軍基地による環境問題が地域の自然や社会に深刻な影響を与え,また基地使用終了後も同エリアが自然保護区に指定されるなどしてその歴史が隠されてしまう事実を示し,こうした現状は一種のコロニアリズムであるとも指摘している。これらの研究論文を通して,沖縄を中心に,韓国,ハワイ,グアム,ヴィエケス島といった同様の問題を抱えつつもその背景や現状を異にする複数の事例を比較することが可能となった。今後は,植民地支配や地域併合などの歴史的背景,地位協定に規定されている費用負担責任やホスト国の権限の差異,あるいは現在直面している安全保障上の問題との関連などに関するさらなる検証と,問題解決に向けたより具体的な提言が求められる。本報告書はその作業に向けたスタートに立つものであり,また本課題による研究活動が軍事基地環境問題を科学的・客観的に考察するための学術連携の基盤をなすものと考える。
Type Local :研究報告書
Publisher :藤田陽子
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/32134
Appears in Collections:Research Report (International Institute for Okinawan Studies)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
24310032-honpen_1.pdf目次 ほか1278KbAdobe PDFView/Open
24310032-honpen_2.pdf我部政明2092KbAdobe PDFView/Open
24310032-honpen_3.pdf前門晃3083KbAdobe PDFView/Open
24310032-honpen_4.pdf桜井国俊2900KbAdobe PDFView/Open
24310032-honpen_5.pdf川瀬光義2215KbAdobe PDFView/Open
24310032-honpen_6.pdf林公則1178KbAdobe PDFView/Open
24310032-honpen_8.pdfSasha Davis2476KbAdobe PDFView/Open
24310032-honpen_9.pdf総括217KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_1-1.pdf資料1-1~188578KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_1-2.pdf資料1-19~368979KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_1-3.pdf資料1-37~549398KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_2.pdf資料2158KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_3-1.pdf資料3-1~305712KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_3-2.pdf資料3-31~7911325KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_3-3.pdf資料3-80~1397093KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_4.pdf資料4374KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_5.pdf資料51174KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_6-1.pdf資料6-117492KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_6-2.pdf資料6-2~33577KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_7-1.pdf資料7-1~26 5893KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_7-2.pdf資料7-27~678091KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_8-1.pdf資料8-1~347160KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_8-2.pdf資料8-35~643964KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_9-1.pdf資料9-1~469506KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_9-2.pdf資料9-47~823559KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_9-3.pdf資料9-83~13214283KbAdobe PDFView/Open
24310032-shiryohen_10.pdf資料102663KbAdobe PDFView/Open