HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.87 (2015/9) >

 
Title :デュシャンヌ型筋ジストロフィー児に対する授業成果の測定 : 心理・生理・病理との関連性及び多面的なSNEATの活用可能性
Title alternative :The Measurement of Educational Assessment for children with Duchenne muscular dystrophy
Authors :小原, 愛子
仲黒島, 貴史
長浜, 勝直
金城, 馨
韓, 昌完
Authors alternative :Kohara, Aiko
Nakakuroshima, Takafumi
Nagahama, Katsunao
Kinjo, Kaoru
Han, Changwan
Issue Date :Sep-2015
Abstract :本研究は、心理・生理・病理的側面を測定する尺度を開発し、授業成果を測定する特別支援教育成果評価尺度(SNEAT) のデータと照らし合わせて分析することで、①SNEAT には子どもの心理・生思・病原的側面が反映されているか、②SNEAT の基準関連妥当性を検証するツールとして心理・生理・病理尺度が活用可能か否かについて検討した。2014 年10~11 月に心理・生理・病理尺度の内容的妥当性の検証を行い尺度を開発し、2014 年1~2月に心理・生理・病理尺度とSNEAT を使用したデータ収集を行った。心理・生理・病理評価尺度とSNEAT の推移を比較した結果、総合点数は類似する推移を示し、SNEATには心理・生理・病理的側面が反映されていること、基準関連妥当性を検証するツールとしての心理・生理・病理尺度の使用が可能であることが示唆された。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/32415
Citation :琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus no.87 p.139 -145
Appears in Collections:No.87 (2015/9)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No87p139.pdf467KbAdobe PDFView/Open