HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Journal of Geography, History, and Anthropology >
No.4 (2013/3) >

 
Title :沖縄の風に関する知識と伝承
Title alternative :Reading the wind in Okinawan folklore
Authors :山里, 純一
Authors alternative :Yamazato, Junichi
Issue Date :30-Mar-2013
Abstract :沖縄は日本本土とは風に対する考えが異なる。たとえば日本各地にある「風穴」という言葉は沖縄では全く聞かない。むしろ琉球国時代から今日まで、王府役人から庶民に至るまでよく用いられた言葉は「風根」であった。また沖縄は、毎年数個の台風が襲来するが、日本本土に見られる風切り鎌のような風除けを目的とした習俗や、辟邪物はない。航海の時や作物の生長期に風を鎮める祈願は行われるが、それは本土の風神や風鎮祭とは必ずしも同じではない。沖縄にはそもそも風に対する祭祀儀礼が存在しないのである。沖縄の地理的環境は、風についても独自の概念と民俗を生み出した。
Type Local :紀要論文
ISSN :2185-8535
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/32866
Citation :地理歴史人類学論集 = Journal of Geography, History, and Anthropology no.4 p.13 -31
Appears in Collections:No.4 (2013/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No4p013.pdf10169KbAdobe PDFView/Open