HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Center for Educational Research and Development >
Bulletin of Faculty of Education Center for Educational Research and Development >
No.22 (2015/3) >

 
Title :沖縄県の学力向上に寄与する紙漉き体験学習
Title alternative :A theory of activities for making Japanese traditional paper as the improvement of student's achievement in primary education of Okinawa
Authors :前村, 佳幸
仲間, 伸恵
岡本, 牧子
福田, 英昭
片岡, 淳
Authors alternative :Maemura, Yoshiyuki
Nakama, Nobue
Okamoto, Makiko
Fukuda, Hideaki
Kataoka, Jun
Issue Date :Mar-2015
Abstract :本稿では、まず和紙づくりを初等教育に活かすために、紙漉き体験に言語活動を関連づけ、その実践のための諸要素について検討する。また、紙漉きに対して興味関心を引き出し自由な発想を広げるために、身近で沖縄に固有な植物を材料にした紙と紙製品づくりの事例を紹介する。その上で、学力の重要な要素のーつとして、労作的学習の効果に着目し、児童の発達段階との相関について、学校現場における和紙づくりに即して明確化する。最後に、長期的な環境整備の一環として、地域に根ざした和紙の原料確保を実現するための植栽の取り組みについて実態を報告する。
Type Local :紀要論文
ISSN :1346-6038
Publisher :琉球大学教育学部附属教育実践総合センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/33248
Citation :琉球大学教育学部教育実践総合センター紀要 = Bulletin of Faculty of Education Center for Educational Research and Development no.22 p.139 -161
Appears in Collections:No.22 (2015/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No22p139.pdf7315KbAdobe PDFView/Open