HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.52 (2005/12) >

 
Title :沖縄県西表島の西岸における海草の種類と分布
Title alternative :Species and distribution of seagrasses in the western coast of Iriomote Island
Authors :平山, 琢二
小倉, 剛
須藤, 健二
上原, 一郎
比嘉, 辰雄
向井, 宏
大泰司, 紀之
Authors alternative :Hirayama, Takuji
Ogura, Go
Sudo, Kenji
Uehara, Ichiro
Higa, Tatsuo
Mukai, Hiroshi
Otaishi, NoriYuki
Issue Date :1-Dec-2005
Abstract :本調査では、沖縄県の八重山諸島にある西表島の道路交通手段が絶たれている西岸について海草の生息状況、種類およびその分布について行った。調査地は、沖側から水深が5m程度になる付近から岸側に向かって干出する所まで行った。調査は基本的に沖側から岸側に向かってトランセクト状にスノーケリングで行ったが、水深が浅く、船上から海草が確認できる場合にはマンタ法や船上から行った。今回調査した西表島西岸の海草藻場は、沖縄島の嘉陽海岸で調査した海草藻場と比較すると非常に海草の繁茂および被度が高く、広大で比較的良好な藻場であったことから、南西諸島海洋の生物多様性の面からも非常に重要なものと推察される。また、仮に八重山諸島においてジュゴンの個体群の復活がはかられた場合、ジュゴンにとって極めて豊富な餌資源を現在でも擁していると思われる。
The species and distribution of seagrasses in the western coast of Iriomote Island were investigated. The luxuriance of seagrasses in the western coast of Iriomote Island was higher than seagrasses in Okinawa Island. And many kinds of species of the seagrasses were observated (two family, six genus, eight species). The field investigated in this time was more large area and very well. Therefore, the side of diversity of living thing, the western coast of Iriomote Island was most important area. And, this coast has profusion of the Food of Dugong dugon.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/3327
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.52 p.1 -3
Appears in Collections:No.52 (2005/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004372346.pdf346KbAdobe PDFView/Open