HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
International Institute for Okinawan Studies at the University of the Ryukyus >
IJOS : International journal of Okinawan studies >
Vol.1(2) (2010/12) >

 
Title :Determining Oceania : A Commentary on Indigenous Struggles in Guam and Okinawa
Title alternative :オセアニアを「決定」する : 先住民による抵抗運動についての解説
Authors :Camacho, Keith L.
Ueunten, Wesley Iwao
Authors alternative :カマチョ, キース L
ウエウンテン, ウェスリー 巌
Issue Date :24-Dec-2010
Abstract :オセアニアでは様々な形でアメリカ合衆国の軍事化が進行しているが、本論はこうした軍事化の渦中で起こっている「先住民の抵抗運動」について、民族誌的な考察を呈示することを目的としている。我々の民族誌は、個人的な思索や、帝国主義と抵抗に関する文献の知識、そして我々の社会変革への貢献を通して得た知見にもとづいている。本論では「先住民の抵抗」という包括的表現を使用するが、「先住民性」についての概念やその解釈、その使い方は、人々や場所によって異なることは認識しているつもりである。そのうえで、過去数十年間のグアムと沖縄における先住民の抵抗の状況が、予備段階的にどう評価できるかについて解説する。最も特徴的なのは、これらの先住民運動を通して、トンガ出身の批評家であるエペリ・ハウオファが言う「歴史と文化が帝国主義的現実と具体的実践行動に結びつく」オセアニアという場所に、もうひとつ新たな地域的アイデンティティが生じているという点である。こうした運動は、海を遺産として共有しているという認識のもと、包括的で順応性に富んだアイデンティティのありようを模索し続けてきたが、このアイデンティティはグアムと沖縄に駐留する米軍を批判する手段ともなると言える。
Type Local :雑誌掲載論文
ISSN :2185-4882
Publisher :the International Institute for Okinawan Studies, University of the Ryukyus
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/33986
Citation :International journal of Okinawan studies Vol.1 no.2 p.85 -104
Appears in Collections:Vol.1(2) (2010/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol1No2p85.pdf2880KbAdobe PDFView/Open