HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
International Institute for Okinawan Studies at the University of the Ryukyus >
IJOS : International journal of Okinawan studies >
Vol.2(1) (2011/6) >

 
Title :Where Am I in This Food Chain? : Humanity and the Wild in Gary Snyder and Kenji Miyazawa
Title alternative :人間と食物連鎖 : 賢治とスナイダーに見る〈食〉の表象
Authors :Yamazato, Katsunori
Authors alternative :山里, 勝巳
Issue Date :30-Jun-2011
Abstract :人間はなぜ他者の生命を食べるのか? あるいは食べる主体は人間だけであって、野生の他者は食べられる存在でしかないのか。このような問いに答えようとして、宮沢賢治は1924年に「注文の多い料理店」を書いた。1956年、ゲーリー・スナイダーは日本に向かう太平洋上で、食物連鎖上の自らの位置について問いを発し、日本滞在中にこのような存在論に対する解を発見しようと思索を重ねた。本稿では、両者を比較しながら、食物連鎖と人間、人間にとっての野生の意味、そしてアジアから発信するエコクリティシズムの可能性について論じる。
Type Local :雑誌掲載論文
ISSN :2185-4882
Publisher :the International Institute for Okinawan Studies, University of the Ryukyus
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/34005
Citation :International journal of Okinawan studies Vol.2 no.1 p.7 -13
Appears in Collections:Vol.2(1) (2011/6)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol2No1p7.pdf1853KbAdobe PDFView/Open