HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
International Institute for Okinawan Studies at the University of the Ryukyus >
IJOS : International journal of Okinawan studies >
Vol.2(1) (2011/6) >

 
Title :Preparing on the Plateau of Peak Oil for a Post-Carbon Economy in Okinawa
Title alternative :ピークオイル期のポストカーボン経済に向けた沖縄の備え
Authors :Murphy, Patrick D.
Authors alternative :マーフィー, パトリック D.
Issue Date :30-Jun-2011
Abstract :世界的な石油生産のピーク到来という観点から、沖縄は昨今の経済発展の方向性について再考する必要がある。エネルギーの価格高騰が沖縄の経済に打撃を与えることが予想される中、沖縄は安価な交通手段に支えられる観光産業とは異なる、新たな経済的手段を模索しなくてはならないだろう。液体燃料や石炭などの固形燃料の運搬コストが高騰しているため、電気エネルギーの生産は、化石燃料への依存から脱却する必要がある。また、海水の淡水化も影響を受けるため、観光産業に十分な量の水の供給能力にも問題が生じる可能性がある。ピークオイルと気候変動の衝撃は互いに不可分な合併要素として経済組織に衝撃を与えることなど、沖縄は、エネルギー生産と生活基盤の危機という観点からも、気候変動の危険性について指摘する必要がある。いずれの場合においても、持続可能性が最も重要な指針となることは言うまでもない。
Type Local :雑誌掲載論文
ISSN :2185-4882
Publisher :the International Institute for Okinawan Studies, University of the Ryukyus
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/34006
Citation :International journal of Okinawan studies Vol.2 no.1 p.15 -22
Appears in Collections:Vol.2(1) (2011/6)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol2No1p15.pdf155KbAdobe PDFView/Open