ホーム    概要    マイリポジトリ    English    図書館    琉球大学    問合せ

University of the Ryukyus Repository >
教育研究施設等 >
琉球大学国際沖縄研究所 >
IJOS : International journal of Okinawan studies >
Vol.2(2) (2011/12) >

 
タイトル :Locating Tami Sakiyama's Literary Voice in Globalizing Okinawan Literature
別言語のタイトル :グローバル化する沖縄文学と崎山多美の文学の「声」
著者 :Kina, Ikue
別言語の著者 :喜納, 育江
発行日 :2011-12-24
要約(Abstract) :400年以上に渡る沖縄の被植民地的状況は、沖縄の人々から土着の言語を奪った。しかし、それは沖縄の物語る力そのものを完全に奪ったわけではない。「沖縄文学」は、沖縄の発する「声」として、時代と共に移り変わる読者の意識や、日本語と沖縄口(ウチナーグチ)の葛藤の中で、ふさわしい表現を模索しながら存続している。1990 年代に世界的な多文化主義の動きによって、日本文学の多様性の一部として位置づけられた沖縄文学は、21世紀的なグローバリゼーションの中では、国家主義的文学観を越え、「沖縄系」という越境的でディアスポリックなアイデンティティへの認識を高めることによって、新たな位置を獲得しようとしている。沖縄文学の受容をめぐるこのような考察にもとづき、本稿では、崎山多美の文学が、どのような論理にもとづいて、多文化主義や沖縄系ディアスポラの視点による沖縄文学観ともまた異なる「越境言語的」な位相を表現し、グローバルな文脈の中に立脚しているのか。本稿では、拙訳による2006年発表の崎山の短編小説「アコウクロウ幻視行」を例として論じていく。
収録種別 :雑誌掲載論文
ISSN :2185-4882
公開者・出版者 :the International Institute for Okinawan Studies, University of the Ryukyus
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/34030
掲載雑誌 :International journal of Okinawan studies Vol.2 no.2 p.11 -29
出現コレクション:Vol.2(2) (2011/12)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
Vol2No2p11.pdf582KbAdobe PDF見る/開く