HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.47 (2000/12) >

 
Title :中国黒竜江省松花江林業管理局における森林経営の展開
Title alternative :Development of forest management in Songhuajiang Forestry Management Bureau of China's Heilongjiang Province
Authors :于, 彦
篠原, 武夫
仲間, 勇栄
Authors alternative :Yu, Yan
Shinohara, Takeo
Nakama, Yuei
Issue Date :1-Dec-2000
Abstract :1980年代以来,中国黒竜江省松花江林業管理局の森林資源枯渇問題は一段と目立ってきており,森林蓄積の急減,齢級構成の若齢化,森林経営の悪化,人口の膨張,社会費用の急増等の様々な現象は国有林全域に広がっている。要するに,現行の森林経営方式は森林環境の改善と国民の林業に対する多様なニーズを満たすことはできず,特に現行の森林経営方式の下での森林育成テンポは不十分であり,また,現実の木材加工基盤の森林資源に対する有効な利用はなされておらず,新しい森林経営方式の導入と付加価値取得と森林資源の充分な利用を目指す国有林森林経営体制の改革は重要な課題になっている。森林経営が持続的な方向に向けて発展するには,森林施業方式の転換,皆伐から択伐へ重点を移行させることである。択伐方式による若齢林の保護を通じて今後の持続可能な森林経営を確立させ,天然更新比率を増やして営林資金不足を緩和させる必要がある。また木材の付加価値を高める加工と廃材の利用高度化への取り組みが重要である。自販材に対して,原木形態の販売をできるだけ中止し,製材・家具等の加工を通じて最大限の木材付加価値を獲得させ,それと共に,各種製材工場の設置・生産規模拡大を図り,伐採・製材加工の廃材の利用も行う。「多角経営」を重視し,林業・木材産業の不振を補い,広大な山林空間を利用して新しい職場と収益を作り出すことである。新しい森林経営方式の導入と林産物加工基盤の整備が重要であると考える。そうすることによって,森林に環境財機能と経済財機能を共に発揮させることが可能となる。森林経営の転換・発展に伴って,森林の多面的機能について正確に認識し,現行の森林経営体制の改革の中に森林の公益的機能をより重視した政策を取り入れ,松花江林業管理局(林区分公司)の森林経営の重点を木材伐採から森林の生態環境保全に移すことが重要であると考える。
Since 1980's, China's Heilongjiang national forest fell into a serious forest resource crisis and finance crisis. This thesis uses Songhuajiang Forestry Management Bureau as a study target. First, the thesis analyzed forest management of the above mentioned area from the following aspects : present situation and organization, management policy, management method, system reform, deepening of production responsibility system, multiple management and new forest management method. On the basis of these analysis, the thesis evaluated the effect of forest management method in this area and made the results and problems clear. With the introduction of new forest management method, the possibility to open up the critical situation of forest management under the new forest management method is expected, aiming at the added value acquisition and the full use of forest resource.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/3416
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.47 p.39 -45
Appears in Collections:No.47 (2000/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000161896.pdf442KbAdobe PDFView/Open