HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Ryudai review of Euro-American studies >
No.60 (2016/3) >

 
Title :A Reconstruction of Hateruma Noun Accent
Title alternative :波照間祖語名詞アクセント体系の再建
Authors :Shimabukuro, Moriyo
Authors alternative :島袋, 盛世
Issue Date :31-Mar-2016
Abstract :本論文は波照間島の北集落と南集落で話されている2つの方言のアクセントを比較し,波照間祖語の2モーラ及び3モーラ名調アクセント体系の再建を試みる。さらに,再建された祖語体系から北集落及び南集落方言のアクセント体系へ変化していった過程を説明する。基礎語彙のアクセントデータは主に,平山・中本(1964),平山・大島・中本(1967),崎村(1987,2006)を用いる。祖語のアクセント体系は,北・南集落方言アクセントの規則的な対応関係に基づくと,2モーラ,3モーラ名詞両方とも4つの型が再建できる。祖語からそれぞれの方言への変遷過程には2つの変化が関わったと考えられ,これらの変化により,アクセントの型の統合が起こり,現在の北・南集落方言アクセントへと発達したと説く。
Type Local :紀要論文
ISSN :1341-0482
Publisher :琉球大学法文学部国際言語文化学科(欧米系)
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/34845
Citation :琉球大学欧米文化論集 = Ryudai Review of Euro-American Studies no.60 p.1 -22
Appears in Collections:No.60 (2016/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No60p001.pdf543KbAdobe PDFView/Open