HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
International Institute for Okinawan Studies at the University of the Ryukyus >
IJOS : International journal of Okinawan studies >
Vol.4(1) (2013/6) >

 
Title :The Central High Vowels in Ryukyuan Languages: A Comparative Palatographic Study of Yuwan Amami and Tarama Miyako
Title alternative :琉球語中舌高母音:奄美・湯湾方言と宮古・多良間方言の比較研究
Authors :Aoi, Hayato
Niinaga, Yuto
Authors alternative :青井, 隼人
新永, 悠人
Issue Date :2-Sep-2013
Abstract :琉球語の方言の中には中舌高母音が音韻論的に認められる方言がいくつか存在する。本研究の目的は、当該母音の調音的特徴を器械音声学的手法を用いて北琉球方言・南琉球方言のそれぞれについて記述することである。両方言に認められる中舌高母音はその調音詳細が互いに異なることがこれまでに知られている。しかし従来の記述は主観的な観察に基づいており、客観的資料に基づいて両者を比較したものはこれまでになかった。そこで本研究では、奄美・湯湾方言と宮古・多良間方言とを対象に、静的パラトグラフィー資料に基づいた当該母音の方言間比較を試みる。調査結果から、両者はそれぞれcentral vowel(中舌母音; 前舌面と奥舌面の境界付近で狭めをつくる母音)とmixed vowel(混合母音; 舌面が平坦な状態で狭めをつくる母音)として調音音声学的に解釈できる。
Type Local :雑誌掲載論文
ISSN :2185-4882
Publisher :the International Institute for Okinawan Studies, University of the Ryukyus
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/35845
Citation :International journal of Okinawan studies Vol.4 no.1 p.3 -11
Appears in Collections:Vol.4(1) (2013/6)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol4No1p3.pdf8182KbAdobe PDFView/Open