HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
International Institute for Okinawan Studies at the University of the Ryukyus >
IJOS : International journal of Okinawan studies >
Vol.4(1) (2013/6) >

 
Title :Geographical Distribution of Mimetics in Amami-Okinoerabu Island
Title alternative :奄美沖永良部島におけるオノマトペの言語分布
Authors :Tokunaga, Akiko
Authors alternative :徳永, 晶子
Issue Date :2-Sep-2013
Abstract :豊富なオノマトペの遍在が琉球語・日本語の一大特徴であるが、諸方言におけるオノマトペの研究は少ない。本稿は琉球語奄美沖永良部方言オノマトペの音韻形態構造、統語上の働きを整理すると共に、島内の語彙的地域差について検討する。最も典型的な沖永良部オノマトペの音韻形態構造は、2音節語根の反復からなる4モーラ構造だが、日本語中央方言にはない5モーラ以上の語形も一定数存在する。またオノマトペにも語彙的な地域差があり、その分布パターンをいくつかにタイプ分けすることが出来る。本稿では、(A)-(E) の五つのパターンを認め、そのうちの四つについて、それぞれの特徴を検討する。オノマトペも一般語彙と同様に社会・文化的背景を反映し、伝播による語彙の変異が起きる。琉球語・日本語諸方言の記述の進展によって、オノマトペの歴史的変化を明らかにできることが期待される。
Type Local :雑誌掲載論文
ISSN :2185-4882
Publisher :the International Institute for Okinawan Studies, University of the Ryukyus
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/35865
Citation :International journal of Okinawan studies Vol.4 no.1 p.13 -28
Appears in Collections:Vol.4(1) (2013/6)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol4No1p13.pdf544KbAdobe PDFView/Open