HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
International Institute for Okinawan Studies at the University of the Ryukyus >
IJOS : International journal of Okinawan studies >
Vol.4(1) (2013/6) >

 
Title :Surface Position and Focus Domain of the Ryukyuan Focus Particle du : Evidence from Miyara Yaeyaman
Title alternative :琉球・八重山語宮良方言の焦点化辞「du」の 焦点範疇と文法的分布
Authors :Davis, Christopher
Authors alternative :クリストファー, デイビス
Issue Date :2-Sep-2013
Abstract :本論文では琉球諸語で広く使われる焦点化辞「du」の文法的分布と意味上の焦点範疇の関係を、八重山語宮良方言のデータに基づいて論じる。「du」は、文が表す情報を「新情報」と「旧情報」とに分け、新情報を担う構造部分に「焦点」を与えると思われる。しかし、その新情報となる部分をいかに表示するかはまだ不明である。八重山語宮良方言の資料から、「du」が付く要素自体が焦点範疇となる場合があるものの、「du」の統語上の位置と焦点範疇が一致しないこともあることを明らかにする。さらに、後者の状況を精査のうえ、「du」の統語上の位置と焦点範疇の関係についての一般化をまとめ、「du」の分布を説明する理論の構築を試みる。
Type Local :雑誌掲載論文
ISSN :2185-4882
Publisher :the International Institute for Okinawan Studies, University of the Ryukyus
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/35885
Citation :International journal of Okinawan studies Vol.4 no.1 p.29 -49
Appears in Collections:Vol.4(1) (2013/6)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol4No1p29.pdf1684KbAdobe PDFView/Open