ホーム    概要    マイリポジトリ    English    図書館    琉球大学    問合せ

University of the Ryukyus Repository >
教育研究施設等 >
琉球大学国際沖縄研究所 >
IJOS : International journal of Okinawan studies >
Vol.4(1) (2013/6) >

 
タイトル :The Representative, Negative, Past, and Continuative Forms of Miyako Verbs
別言語のタイトル :宮古語動詞の代表形、否定形、過去形、中止形
著者 :Karimata, Shigehisa
別言語の著者 :かりまた, しげひさ
狩俣, 繁久
発行日 :2013-9-2
要約(Abstract) :宮古語の動詞代表形の起源をめぐっては、旧平良市市街地(西里、下里、東仲宗根、西仲宗根)の方言(以下、平良方言)の当該形式が日本語のシ中止形と同音であることから、かりまた1990 は、シ中止形由来形式が代表形も連体形も担っていたとする考えを論じた。しかし、その考えは、旧平良市市街地、旧城辺町などの宮古島南部と西部の方言の強変化動詞を対象に限定してなされたものであった。宮古語のそれ以外の動詞についてもあまり論じてられていない。本報告では宮古島北部の島尻、狩俣、西部の久貝、南東部の保良、北部離島の池間島の5つの方言の規則変化動詞と不規則変化動詞の代表形(スル)、否定形(シナイ)、過去形(シタ)、アリ中止形、シテ中止形のいつつの文法的な形を検討する。対象とする動詞は、語幹末子音に* b、* m、* k、* g、*s、* t、* n、* r、* w 等をふくむ強変化動詞と弱変化動詞の規則変化動詞と、「有る」「居る」「来る」「する」「ない」の不規則変化動詞である。琉球諸語の下位方言動詞活用のタイプ、および古代日本語との対応を知るうえで必要な動詞がふくまれる。
収録種別 :雑誌掲載論文
ISSN :2185-4882
公開者・出版者 :the International Institute for Okinawan Studies, University of the Ryukyus
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/35887
掲載雑誌 :International journal of Okinawan studies Vol.4 no.1 p.81 -106
出現コレクション:Vol.4(1) (2013/6)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
Vol4No1p81.pdf336KbAdobe PDF見る/開く