HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.50 (2003/12) >

 
Title :亜熱帯フィールド科学教育研究センターにおける子牛下痢発生と対策(2)
Title alternative :Diarrhea of Japanese Black Calves in Field Science Center (2)
Authors :比嘉, 辰雄
外間, 聡
平山, 琢二
平川, 守彦
Authors alternative :Higa, Tatsuo
Hokama, Satosi
Hirayama, Takuji
Hirakawa, Morihiko
Issue Date :1-Dec-2003
Abstract :農学部附属亜熱帯フィールド科学教育研究センターにおける子牛の分娩時期と下痢発生について,夏場の暑熱時期と関連して検討した.その結果,7~9月の夏期に1-2ヶ月齢をむかえるような子牛において重度の下痢が集中して発生した.その一方で,夏場に3ヶ月齢以上になるような子牛においては下痢発生が低く,発生した下痢症も軽度なものであった.これらのことから,子牛の下痢発生を抑制するためには,母牛への種付け時期を子牛の出生が7~9月の夏期にならないようにすることが望ましいと考えられた.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/3612
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.50 p.177 -180
Appears in Collections:No.50 (2003/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004258150.pdf358KbAdobe PDFView/Open