ホーム    概要    マイリポジトリ    English    図書館    琉球大学    問合せ

University of the Ryukyus Repository >
教育研究施設等 >
国際教育センター >
琉球大学国際教育センター紀要 >
国際教育センター紀要 No.1 (2017/3) >

 
タイトル :高度外国人材に求められるビジネス日本語フレームワークの構築 : 直観的手法を中心に
別言語のタイトル :Development a Business Japanese Framework for High-skilled Foreign Personnel Focusing on the Process of Intuitive approach
著者 :葦原, 恭子
奥山, 貴之
塩谷, 由美子
島田, めぐみ
別言語の著者 :Ashihara, Kyoko
Okuyama, Takayuki
Shiotani, Yumiko
Shimada, Megumi
発行日 :2017-3
要約(Abstract) :日本政府は,近年,外国人留学生が高度外国人材として日本企業へ就職し,活躍することを促進している。しかし,高度外国人材に求められるビジネス日本語能力の習熟度の判定は難しく,その評価基準も定まっていないのが現状である。本研究は,汎用的な評価基準となる「ビジネス日本語フレームワーク」の構築を目的としており,このフレームワークは高度外国人材の育成・教育・評価に資する枠組みとなる。ビジネス日本語フレームワーク構築のプロセスには「直観的手法」,「質的調査法」,「量的調査法」があり,本稿では,「直観的手法」について述べる。本研究では,既に存在する尺度(CEFR,JF 日本語教育スタンダード,TOEIC Can-Do Guide 等)からCan-do 項目を抽出し,基準を設定した上で能力記述文をビジネス日本語のCan-do 項目として書き換えた結果,約800 項目が能力記述文バンクに登録された。
URL :http://isu.u-ryukyu.ac.jp/about/publications/
収録種別 :紀要論文
ISSN :2432-728X
公開者・出版者 :琉球大学グローバル教育支援機構国際教育センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/36631
掲載雑誌 :琉球大学国際教育センター紀要 no.1 p.1 -14
出現コレクション:国際教育センター紀要 No.1 (2017/3)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
No1p001.pdf851KbAdobe PDF見る/開く