HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.44 (1997/12) >

 
Title :パインアップル葉における内生 ABA の同定, 定量法の確立およびその含量の日変化
Title alternative :Identification and quantification of endogenous ABA and the diurnal changes in ABA levels in pineapple plants
Authors :川満, 芳信
前田, 英樹
Authors alternative :Kawamitsu, Yoshinobu
Maeda, Hideki
Issue Date :1-Dec-1997
Abstract :パインアップルの葉の内生ABAの抽出, 精製法を確立し, サンプルを同定, 定量する方法を確立した.また, CAM植物であるパインアップル葉のABA含量に日変化があるか調べた。得られた結果は以下のように要約できる。1.パインアップルの葉におけるABAの抽出, 精製法が確立できた(第1図)。2.サンプルのABA-Meと, スタンダードの(±)-ABA-MeをGC/MSの2種類のイオン化法により同定した(第2,3図)。その結果, GCによるリテンションタイムが10.6minであり, ベースピーク(準安定イオン)がm/z190であることが確認された(第1表)。3.このm/z190のイオンをGC/SIM法により測定し(第4図), スタンダードの濃度とm/z190によるマスクロマトグラフのリテンションタイム10.6におけるピーク面積が比例することが確認できた。従って, スタンダードの濃度とピーク面積により検量線を作成した。4.本精製法における内部標準物質(±)-ABAの回収率は67.5%であり, ABAが精製過程である程度消失していることが認められた(第2表)。5.パインアップルの葉におけるABA含量を測定した結果, 明かな日変動が見られた(第3表)。これは気孔伝導度の日変化とほぼ対応していた。以上より, CAM植物の気孔の日変化には, ABAも関与していることが示唆された。
We developed the assay method for the abscisic acid (ABA) content by means with GC/MS and applied the method to measure the diurnal changes in pineapple, crassulacean acid metabolism plant. The stomata of pineapple leaves opened during night time (phase-1), closed during day time (phase-3), and reopened during late afternoon (phase-4). The ABA levels in phase-3 were increased as compared with in phase-1 and phase-4. It was suggested that the ABA content was in part contributing the stomatal control in crassulacean acid metabolism plants.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/3696
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.44 p.81 -89
Appears in Collections:No.44 (1997/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000161817.pdf599KbAdobe PDFView/Open