HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.42 (1995/12) >

 
Title :森林の水源かん養機能に関する研究 : 1. 辺野喜ダム流域の貯留機能と流況特性(演習林)
Title alternative :Studies on the conservation of headwaters of forest : 1. The storage capacity and flow regime characteristics of mountainous watersheds of Benoki dam (Forestry Experiment Station)
Authors :山盛, 直
周, 光明
平田, 永二
Authors alternative :Yamamori, Naoshi
Zhou, Guangming
Hirata, Eiji
Issue Date :1-Dec-1995
Abstract :本報は辺野喜ダム流域の貯留機能及び流況特性を検討し, 流域の水源かん養機能について考察を試みたものである。その結果を要約すると次の通りである。1) 土壌の平均孔隙率を外的基準として, 地形, 土壌, 林相等9つの環境要因との関係を数量化法により分析した結果, 重相関係数0.79(決定係数0.62)と比較的精度の高いカテゴリーの数量が得られた。2) 地形図及び森林簿から得られる情報(7環境要因)と, 数量化によるカテゴリーの数量に基づき, ダム建設前後の土壌の平均孔隙率について推定した結果は, 建設前が13.0%であるのに対し, 建設後は11.8%であった。その差は, 貯留量に換算して約120m^3/haに相当し, その分流域の貯留機能が低下したことを示している。これは, 明らかに流域面積の24%に及ぶダム建設などのための森林伐採が主因であると思われる。3) 辺野喜ダム流域の年流出率は約62%, 年蒸発散量は1072mm(約40%)と推定されるが, これは, 沖縄本島北部の主要ダム流域とほぼ類似している。4) 辺野喜ダムの水文観測資料を用いて, 流域の年流況指標値を求め, これらの数値について比較検討した結果, 流況は伐採によって悪化することが認められたが, 最近6年間の変化をみると, 回復の方向にあることが明らかとなった。5) 一降雨(Ps)当たりの直接流出量(R_d)は, R_d=0.0057Ps^<1.71>で表され, 辺土名及び南明治山試験流域の事例に比べてその係数が小さい。すなわち, 辺野喜ダム流域は, 両地域よりも一降雨当たりの直接流出量が少なく, 水源かん養機能が高いといえる。6) 基底流出地下水逓減式について検討した結果, 分数式が適合し, 逓減係数βの平均は0.044で, βには季節的な変化が認められた。すなわち, 辺野喜ダム流域の基底流出の大部分が浅い地層に依存しているものと判断された。
This work investigated the storage capacity and flow regime characteristics of mountainous watersheds of Benoki-dam and discussed conservation of headwaters. 1) Taking soil porosity as external criterion, an analysis of 9 environmental items such as topography, soil, and forest type by a quantification method, and then estimation of storages in watersheds, being based on the results of the analysis, demonstrated that the storages of post-construction was smaller in amount of about 120m^3/ha than that preconstruction of the dam. The primary reason of this fact is forest cutting up to 24% of the watersheds for the dam construction, indicating clearly that forest cutting decreased the storage capacity of soils. 2) Calculation and comparison of flow regime characteristics from hydrological data of Benoki dam demonstrated that the hydrological regime of watersheds decreased due to cutting and recovered significantly in recent 6 years. 3) Analysis on the groundwater depletion curve for base flow gave that a fraction equation was properly fit, an average of depletion coefficient, β, was 0.0436,and βgave seasonable variations. That is, the major fraction of base flow discharge of the watersheds on Benoki dam is considered to be dependent on shallow soil layers.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/3755
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.42 p.139 -146
Appears in Collections:No.42 (1995/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000161786.pdf557KbAdobe PDFView/Open