HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.41 (1994/12) >

 
Title :礫混合土の締固め密度について(生産環境学科)
Title alternative :On the density of compacted gravelly soil by laboratory testing (Department of Enviromental Sciences and Technology)
Authors :宮城, 調勝
新城, 俊也
小宮, 康明
Authors alternative :Miyagi, Norikatsu
Sinjyo, Tosiya
Komiya, Yasuaki
Issue Date :1-Dec-1994
Abstract :国頭マージの中で一般的である千枚岩風化土について, 礫を混合した場合の混合土の密度, 礫以外の部分の密度の変化および礫の粒径を変えた場合の土の密度の変化などについて実験をしながら, 同時に透水係数の礫率による変化を調べた。礫混合どの場合, 礫率が増すと土全体の密度は高まり, 締固めた土の強度が増すことは一般的に判断される。しかしこの土を遮水材料として使用する場合は, 礫を混合する時の透水係数の増大が問題になる。この実験の結果から, 礫率が増加するにつれて礫以外の部分の密度は低下し, 透水係数も大きくなることを示した。また礫率が同じであれば, 混合に使用する礫の粒径が大きいものほど混合土の密度は大きくなることが分かった。また透水の難易を支配する礫以外の部分も, 礫の粒径が大きいものほど大きい密度を示すことが分かった。このことは, 礫混合土における透水係数の増大は, 単に礫同士の噛み合いによるだけではなく, 礫の表面積の大きさ, いいかえれば礫が押し込まれるときの全体としての表面積が小さいものほど, 礫以外の部分の密度が低下しないことになる。また, 室内試験における締固めエネルギーの大きさの, 現場に於ける対応については, 前述のように支配要素は多すぎるが, いくつかの条件を固定すればある程度の目途は立つものと考えられる。
Cohesive soils are frequently mixed with gravelly soil for soil improvement. Soil materials are improved in soil mechanics by mixing gravelly soils. But in a case of materials used as a core of fill dam, it is necessary for compacted soil to be impervious. In this paper, the dry density which is separated the part of excepting gravel from gravelly compacted soil were investigated. The results obtained are as follows. 1. The values of dry density and coefficient of permeability of compacted soil increased with the increase of gravelly ratio. 2. Dry density in the part of excepting gravel contrarily decreases with the increase of gravelly ratio. 3. It seems that the dry density of gravelly soil depends on size of gravel and specific surface area of gravel in the same gravelly ratio.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/3770
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.41 p.237 -242
Appears in Collections:No.41 (1994/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000161750.pdf332KbAdobe PDFView/Open