HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.39 (1992/12) >

 
Title :第 2 報 多良間村の肉用山羊における在来山羊の飼養実態(多良間村における肉用山羊の生産,流通に関する総合的研究)(生物生産学科)
Title alternative :(2) Studies on an Ordinary Goat raising in Tarama Son (Studies on Goat in Tarama Son) (Department of Bioproduction)
Authors :大城, 政一
吉田, 茂
Authors alternative :Oshiro, Seiichi
Yoshida, Shigeru
Issue Date :1-Dec-1992
Abstract :沖縄県内の肉用山羊の飼養頭数調査と沖縄県内で山羊の飼養が盛んである多良間村内における山羊の飼養実態調査と在来型山羊の頭数調査を行った。沖縄県の本島北部地域,本島中部地域,本島南部地域,宮古地域及び八重山地域の5地域及び全県総計において,沖縄肉用山羊はここ10年間年々減少を示している。しかし,減少はしているものの単位土地面積当りの頭数が多いことは多良間村における山羊の飼養方法が多良間島の山羊の飼えるいたる場所で飼育していることである。また,多良間村内の在来型山羊が8%と少なく,離島の離島である多良間島に飼養されている在来型山羊が少ないことから,沖縄県内の在来型山羊が著しく減少し,絶滅に近い状態にあるものと推察された。
The objectves of the studies were to analyze an ordinary goat raising in Tarama Son. The number of goat raised in Okinawa prefecture and Tarama Son has decreased in recent years. Only 8 per cents of the total goat raised in Tarama Son, a remote area, was an ordinary goat. From this figure, in Okinawa prefecture, an ordinary goat will become extinct in the near future.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/3807
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.39 p.33 -37
Appears in Collections:No.39 (1992/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000161692.pdf584KbAdobe PDFView/Open