HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.39 (1992/12) >

 
Title :ジャーガル土壌の物理性改善に対するヒドロキシアルミニウムの適用性(生産環境学科)
Title alternative :Applicability of Hydroxy Aluminum to Improve Physical Properties of Calcareous Gray Upland Soil of Okinawa (Department of Environmemtal Sciences and Technology)
Authors :大屋, 一弘
儀間, 清
Authors alternative :Oya, Kazuhiro
Gima, Yasushi
Issue Date :1-Dec-1992
Abstract :沖縄で耕地の13%以上を占めるジャーガルは,化学性は比較的良いが,物理性に難点がある。この土壌の物理性改良に向けた土壌改良剤ヒドロキシアルミニウム使用の適否を調べる目的で,ヒドロキシアルミニウムがジャーガルの物理性,特に硬度,付着力,透水性などに及ぼす影響を試験すると共に,土壌の化学性や作物生育に及ぼす影響を調べた。琉球大学附属農場3番圃場から採取したジャーガルにヒドロキシアルミニウムを0,5,10,20%添加したとき,風乾土塊の硬度は19.1kgfから4.0kgfに直線的に低下し,ヒドロキシアルミニウムが土壌硬度を著しく和らげる効果のあることが認められた。同様の処理における湿土の付着力は161g/cm^2(100%)から18g/cm^2(11%)に低下し,ヒドロキシアルミニウムはジャーガルの粘りやべた付きを抑えるのに効果があると考えられた。上と同じジャーガルサンプルにヒドロキシアルルミニウム0,0.1,0.2,0.4,0.6%加えると,pHに大きな変化は見られなかったが,ECはかなり上昇した。しかしヒドロキシアルミニウム添加後充分に灌水(リーチング)するとECの上昇は抑えられた。またヒドロキシアルミニウム添加によるCEC,可給態リン酸,リン酸吸収係数などの量的変化に一定の傾向は認められず,これらの化学性に大きな影響は無いと考えられた。ジャーガルの9番圃場でヒドロキシアルミニウムを10アール当り0,200,400,600kg施用して栽培したわい性サヤインゲンは,地上部の生育に明確な差は無かったが,根の生育にはヒドロキシアルミニウム施用が好影響することが認められ,莢実は30%前後の増収となった。サヤインゲン栽培跡地のシリンダーインテクレート(水浸入度)はヒドロキシアルミニウム施用区でやや高くなり,土壌透水性の改善が伺われた。以上よりヒドロキシアルミニウムはジャーガルの硬度を和らげ,付着力を抑え,透水性を向上させる効果があり,一方で化学性に与える影響は少なく,作物に好影響を及ぼすことが確認された。従ってヒドロキシアルミニウムは,施用後その偏在を防ぐための十分な耕うん(撹はん),EC上昇を抑えるための十分な灌水(または雨にあてる)などを合理的に行なうなら,ジャーガルの物理性改良に有効な土壌改良剤になり得ると考えられた。
Applicability of hydroxy aluminum to improve physical properties of calcareous upland soil, so called Jahgaru in Okinawa, was examined. Hardness and adhesion of the soil were significantly alleviated by the addition of hydroxy-Al. Formation of water stable aggregate and water permeability were promoted by hydroxy-Al. The addition of hydroxy-Al resulted in a slight decrease of pH values but tended to raise EC of the soil. It gave negligible effects on CEC, soluble phosphate, phosphate absorption coefficient in the soil. Green pod yield of bush type snap bean was favorably affected by the application of 2 to 6 tons of hydroxy-Al per hectare. Water intake rate that was determined in the field after harvesting the snap bean was found to improve with the hydroxy-Al application. It was deemed that the tested hydroxy-Al was applicable to improve physical properties of this kind of soil without much adverse effects, if measures are taken to mix it thoroughly with the soil and to give enough water or rain to leach down the salt yielded by the addition of hydroxy-Al.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/3811
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.39 p.75 -84
Appears in Collections:No.39 (1992/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000161696.pdf530KbAdobe PDFView/Open