HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.38 (1991/12) >

 
Title :国頭マージ土の圧縮特性について(生産環境学科)
Title alternative :On the compaction characteristics of Kunigami Maaji soil (Department of Environmental Sciences and Technology)
Authors :宮城, 調勝
親泊, 安次
Authors alternative :Miyagi, Norikatsu
Oyadomari, Yasutsugu
Issue Date :4-Dec-1991
Abstract :本研究では,築堤材料(遮水材料)として多く用いられる国頭マージ土を対象に,締固め土の高圧圧密試験による圧縮挙動とその圧縮指数の変動,練り返し土におけるe-logp曲線への荷重増加率の影響,不飽和締固め土の吸水による沈下の現象と膨潤との関係を調べてきた。以上の実験結果より以下に列挙することが結論づけられる。(1) 初期間隔比を変えた供試体は,高荷重段階の正規圧密領域で,そのe-logp曲線は収束する。これは締固め土だけでなく,練り返し土においても同様な傾向を示し,この結果はSchmertmannの沖積粘土における結果とは一致しない。(2) 高圧圧密試験結果から同一試料の場合,正規圧密領域では初期間隙比に関係なく,ある圧密エネルギーにたいしては土粒子平均間隔はほぼ等しい値をとる。すなわち曲線の傾きCcは一定値をとる。(3) 締固め土ではe-logp曲線の変曲部は標準荷重の範囲にあり,最大荷重の取り方で圧縮指数の値が変化する。またそれにともなって圧密降伏応力も当然変動する。現実的問題からすれば,圧縮指数は標準荷重の範囲内での土の評価になるが,この場合でも,ある荷重間の平均勾配とするか,曲線上のある点の接線勾配とするかのいずれかに統一する必要がある。(4) 一般にいわれる圧縮指数の初期間隙比による変化は,標準荷重の範囲内と解釈することでe_o∿C_cの関係が成り立つ。(5) 吸水による沈下現象は,乾燥しているほどつまり飽和度が低いほど,また吸水する際にかかっている上載荷重が大きいほど,大きな沈下が生じた。土が膨潤する場合も乾燥しているほど大きくなることから,吸水による沈下は膨潤圧と上載荷重の差によって起きると考えられる。また本実験から最適含水比よりも1%乾燥側の含水比で締固めた供試体でも,吸水による沈下が確認されたことは注目すべきことである。
Physical properties and compaction characteristics of Kuniganmi-Maaji soil were reported in the previous paper. In this paper, compression characteristics of Kunigami-Maaji soil are considered from two viewpoints. One of these is a diterminating method of compression index using high pressure consolidometer, and another is settlement of compacted soil by saturation during compression. The results are as follows; 1) Linear part and yield point of e-logp curve in compacted soil is situated at value more than maximum consolidation pressure in standard consolidometer. Therefore, values of compression index and yield stress vary with degree of maximum consolidation pressure. 2) Degree of settlement by saturation in compacted soil increases with the decrease of water content and with the increase of compressive stress.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/3836
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.38 p.183 -194
Appears in Collections:No.38 (1991/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000161666.pdf666KbAdobe PDFView/Open