HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.38 (1991/12) >

 
Title :西表島におけるセミ類の分布と出現期(附属熱帯農学研究施設)
Title alternative :Observation on the distribution and duration of appearance of the Cicadidae in the Iriomote Island (Homoptera) (Reseach Instifute of Tropical Agriculture)
Authors :金城, 政勝
東, 清二
Authors alternative :Kinjo, Masakatsu
Azuma, Seizi
Issue Date :4-Dec-1991
Abstract :1. 西表島に分布する8属9種のセミの分布を種ごとに図示した。ヤエヤマニイニイの分布は,リュウキュウマツの分布と重なることが多い。リュウキュウクマゼミは島の周縁部の林や,里山に生息する平地性のセミである。ヤエヤマクマゼミ,イワサキヒメハルゼミ,タイワンヒグラシの3種は,里山から内陸部の林地に見られ,イシガキヒグラシは内陸部の原生林のみに見られた。イワサキゼミは各地に見られる広域分布型であり,ツマグロゼミの分布域は狭いようである。イワサキクサゼミは道路沿いのイネ科草地の種である。2. 西表島では,3月から12月までの10ヶ月間,いずれかのセミが見られ,7,8,9月の3ヶ月に発生する種の多いことがわかった。西表島のセミの出現期を沖縄の他の種と比較すると,出現期の遅れる種があることがわかった。3. 1988年9月12日,船浦において5種のセミの発音日周活動を調査し,その結果を示した。
In this report, distribution map and duration of appearance nine species of cicadas : Platypleura yayeyamana, Creptotympana facialis okinawana, C. yayeyamana, Euterpnosia iwasakii, Tanna japonensis ishigakiana, Pomponia linearis, Meimuna iwasakii, Nipponosemia terminalis and Mogannia minuta are figured on the Iriomote island, Ryukyus and showed daily activity rhythum on singing of five species investigated on 12,Aug. 1988.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/3852
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.38 p.311 -316
Appears in Collections:No.38 (1991/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000161682.pdf335KbAdobe PDFView/Open