HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.37 (1990/12) >

 
Title :ローズグラスの生育と養分吸収に及ぼす数種石灰質資材の土壌改良効果(農芸化学科)
Title alternative :Soil Improving Effect of Several Liming Materials on the Growth and Nutrient Uptake of Rhodesgrass (Department of Agricultural Chemistry)
Authors :大屋, 一弘
金城, 徳子
志茂, 守孝
Authors alternative :Oya, Kazuhiro
Kinjo, Noriko
Shimo, Moritaka
Issue Date :5-Dec-1990
Abstract :沖縄の酸性土壌に於ける地力培養,施肥管理に資するため,国頭村奥の赤色土に炭カル,苦土石灰,ケイカル,高炉スラッグなどの石灰質資材を施用してローズグラス(Chloris gayana Kunth, Culti. var. KATAMBORA)をポット栽培し,石灰質資材がローズグラスの生育と養分吸収及び土壌塩基とケイ酸肥沃度に及ぼす影響を調べた。酸性(pH4.7)で塩基含量の低い(CEC11.1me/100g, 塩基飽和度12.5%)供試土壌に対し,酸性矯正力は炭カルが最も大きく,次いで苦土石灰で,ケイカルや高炉スラッグでは小さかった。しかし,炭カル施用区ではローズグラス栽培による土壌pHの低下も速やかで,炭カルの酸性矯正維持力は弱かった。石灰質資材施用により土壌の窒素,可給態リン酸,交換性カリなどの含量に大きな影響は見られなかったが,交換性カルシウムは炭カル,苦土石灰で著しく増加した。交換性マグネシウムの富化には苦土石灰の効果が大きく,次にケイカルと高炉スラッグで,炭カルには殆どその効果がなかった。可溶性ケイ酸は高炉スラッグとケイカルで著しく増加し,炭カルと苦土石灰の効果は小さかった。ローズグラスの乾物収量は全体的に石灰質資材ポット当たり5.3g(10アール当り約360kg相当量)施用で高くなり,苦土石灰,ケイカル,高炉スラッグなどの使用に当たっては,土壌pHを6前後に矯正するのに必要とされる炭カルと同量が適量と考えられた。炭カルのみでは酸性矯正は出来てもカルシウム以外の塩基やケイ酸供給が不十分であり,高レベルの生産を目標とする時には炭カル以外の石灰質資材が有用であり,特に高炉スラッグ利用について検討する必要がある。石灰質資材施用により,第1回刈取りローズグラスの窒素及びリン酸含有率が低下する恐れがあるので,増収に向けては石灰質資材施用と同時に,これらの肥料成分を増施する必要があると考えられた。ローズグラスの養分吸収量は窒素,リン酸,カリについては,石灰質資材の影響が小さく,資材間の差も少なかったが,カルシウムとマグネシウムについては,石灰質資材施用に伴う吸収増がみられた。ケイ酸については,高炉スラッグとケイカル施用区のみで著しい吸収増が認められた。以上より,供試土壌のような低塩基,酸性土壌の改良にはカルシウム以外の塩基やケイ酸も含む石灰質資材を使用する方がより適当であると考えられた。
It was aimed to study soil improving effect of 4 kinds of liming material in growing Rhodesgrass on an acid Red soil (pH 4.7) of northern Okinawa Island. Rhodesgrass (Chloris gayana Kunth, Culti. var. KATAMBORA) was grown in 1/50,000ha Wagner pots (2.2kg soil) after liming, in which 4 Kinds of liming material (LM) such as calcium carbonate (CC), calcium magnesium carbonate (CMC), calcium silicate (CS), and blast furnace slag (BFS) were given to the soil at 3 levels namely 0,5.3,and 16.5g/pot, respectively. CC only raised the pH value of the soil from 4.7 to 5.8 and 7.2 with these amounts. The respective LM was effective to increase the dry matter yield of the grass, a total of 3 cuts, at the 5.3g/pot treatment, which was equivalent to about 3.6t/1,500t soil/ha. The grass showed a remarkable increase in calcium uptake by the application of the respective LM. Magnesium uptake of the grass was also increased with different degrees. The bases status and soluble silica in the soil were also determined after liming. And it was concluded that BFS, SC, and CMC were more suited than CC in ameliorating this kind of soil, and an appropriate quantity of BFS, SC, and CMC was assumed to be nearly that amount of CC required to raise soil pH to about 6.0.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/3854
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.37 p.7 -17
Appears in Collections:No.37 (1990/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000161634.pdf602KbAdobe PDFView/Open