HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Human science. Bulletin of the Faculty of Law and Letters, University of the Ryukyus, Department of Human Sciences >
No.37 (2017/9)  >

 
Title :北魏孝文帝代の尚書省と洛陽遷都(7) : 宗室元氏の尚書省官への任官状況に焦点を当てて
Title alternative :The Secratary Department 尚書省 and Transfer of the Capital from Pingcheng 平城 to Luoyang 洛陽 under the Reign of the Emperor Xiaowen 孝文帝 at the Age of Beiwei 北魏
Authors :長部, 悦弘
Authors alternative :Osabe, Yoshihiro
Issue Date :Sep-2017
Abstract :北魏孝文帝代は、北親史上国家体制の一大転換点とみなすことができよう。476年に始まる文明太后講氏の臨朝聴政下では、484年に班禄制を立て、485年に均団法を頒布し、486年に三長制を敷いた。490年の文明太后馮氏の亡き後、孝文帝親政下で491年に第1次、499年に第2次官制改革を各々遂行し、493年には洛陽遷都を敢行し、496年は姓族詳定を推進した。なかでも493年の平城から洛陽への遷都は、北魏史上領域支配体制の中心たる王都を『農業一遊牧境界地帯』から『農業地域』に移した一大事業であったと言える。孝文帝が国家体制の中枢機関の1であった尚書省を最重視して、自身の手により人事を行った。かかる大事業を尚書省を基軸に推進したとみられる。孝文帝代後期洛陽遷都事業と平行して、孝文帝は平城洛陽行に加えて、洛陽一環州、卜鄭行、洛陽一平城行・南斉親征行など盛んに移動した。孝文帝は、上記の移動時には、平城・洛陽両地を不在にした。小論では、孝文帝の不在期間中、平城・洛陽両地を留守した主要人物を検討した。
Type Local :紀要論文
ISSN :1343-4896
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/38708
Citation :人間科学 = Human Science no.37 p.13 -70
Appears in Collections:No.37 (2017/9)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No37p13.pdf2371KbAdobe PDFView/Open