HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.35 (1988/12) >

 
Title :飼料作物栽培に関する沖縄土壌の施肥管理 : II. 暗赤色土におけるローズグラスのカリ施用に対する反応(農芸化学科)
Title alternative :Fertilization Management of Okinawan Soils for the Cultivation of Forage Crops : II. Response of Rhodesgrass to potassium application on a Dark Red soil (Department of Agricultural Chemistry)
Authors :大屋, 一弘
石嶺, 行男
宮城, 盛時
前当, 正範
Authors alternative :Oya, Kazuhiro
Ishimine, Yukio
Miyagi, Seiji
Maeto, Masanori
Issue Date :5-Dec-1988
Abstract :本研究は暗赤色土(通称島尻マージ)におけるカリ施用に対するローズグラス(Chloris gayana Kunth, Culti. var. ELMBA)の反応, カリ施用に伴うローズグラスのカリ, カルシウム, マグネシウムの吸収及び土壌肥沃度に及ぼすローズグラス栽培の影響などを圃場条件下で調べることを目的とした。ローズグラスは農学部附属農場No.17圃場(暗赤色土)で栽培されているものを用いたが, このローズグラスは1981年6月に播種, 1982年3月の掃除刈を含め4回の刈取りが行われた。掃除刈後のローズグラス草地に, 10a当たりN, P_2O_5,K_2O施用を10-10-0(A区), 10-10-5(B区),10-10-10(C区)とする試験区を設けた。試験区は32.5m^2(6.5m×5m)の3連とし, 配置はラテン方格法とした。カリ施用試験開始後44∿72日間隔で刈取りを行い, 1983年3月までに6回刈取った。その間刈取り毎に前記量の肥料を全面施用した。掃除刈後第1回施肥までの間に各区から採取した土壌(0∿10cm)を実験前土壌とし, 第6回刈取り後に採取した土壌を実験後土壌とし, 各々の分析結果をTable1に示した。ローズグラスの青刈収量はTable2に, 乾物収量はFig.1に示した。1982年6月は多雨, 7月は旱ばつであったことが第2回及び第3回刈取草に影響し低収量となった。乾物収量は6回刈取のうち3回はB区で高い傾向がみられたが, 6回刈取りの合計はA区1.32t, B区1.42t, C区1.38t/10aとなりカリ施用による有意差は認められなかった。ローズグラスのK_2O, CaO, MgO含有率はそれぞれ2.8∿4.1%, 0.47∿1.06%, 0.17∿0.48%であった(Table3)。この含有率はカリ施用より, 刈取季節により変動する傾向がみられた。またK/(Ca+Mg)当量比は殆ど1.0∿2.9の範囲にあり,K_2O%とK/(Ca+Mg)の関係は正の相関を示す場合が多かった(Table4)。ローズグラスのカリ吸収量はA区及びB区においては施肥量以上, C区においては施肥量以下という傾向が示された(Fig.2)。第6回刈取り後に測定したリッター, 根, 刈株などの乾物総量はA区0.73t/10a, B区とC区でそれぞれ0.82t/10aであった(Fig.3)。これは有機物として3.5∿4.0t/10aの緑肥に相当する量であり土壌肥沃度に好影響が期待される。カリ施用栽培前後の土壌化学性を比較すると, 交換性マグネシウムとナトリウムは全体的に減少し, カリは無施用区(A区)においてのみ減少した。C区においてはローズグラスのカリ吸収が施用量以下であるにもかかわらず土壌カリの増加がみられないことから, 施用カリが溶脱損失していると考えられた。可給態リン酸は施肥の影響を受け, 全区とも著しく増加した。以上より供試暗赤色土におけるローズグラス栽培では, 刈取り毎のカリ(K_2O)施用適量は約50kg/10aであろうと推定された。またローズグラス栽培によりかなりの有機残渣が賦蓄され土壌肥沃度に好影響を与えると考えられた。
On the Dark Red soil at the University Farm, Rhodesgrass (Chloris gayana Kunth, Culti. var. ELMBA) was grown for a year from March, 1982 and cut 6 times, during which potassium (K_2O) was applied at the varied rates of 0,50 and 100kg/ha/cut with a constant rate of N and P_2O_5. There was no significant difference in the grass yield that ranged from 13 to 14tons (d. w.)/ha in the total of 6 cuts. From the data obtained on the yield and potassium absorption of the grass and the potassium level of the soil after the 6th cut, it was deemed that application of about 50kg of K_2O/ha/cut was pertinent on the tested soil. The concentrations of potassium, calcium and magnesium of the grass tended to vary with the cutting season but not much with the application of potassium. Simple correlations between percent K_2O and milliequivalent ratio of K/(Ca+Mg) of the grass were significantly positive in most of the cases. Exchangeable magnesium tended to decrease in the soil by the cultivation of the grass. Available phosphate increased in the soil for 100kg of P_2O_5/ha/cut was applied. One of the merits in the cultivation of Rhodesgrass was the addition of organic residues to the soil.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/3887
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.35 p.17 -26
Appears in Collections:No.35 (1988/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000161590.pdf548KbAdobe PDFView/Open