HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.32 (1985/12) >

 
Title :国頭マージ土の締固めに関する 2,3 の特性(農業工学科)
Title alternative :Some compaction characteristics of Kunigami-Maaji (Department of Agricultural Engineering)
Authors :宮城, 調勝
Authors alternative :Miyagi, Norikatsu
Issue Date :2-Dec-1985
Abstract :数種の国頭マージとその礫混合土についての締固め試験結果を検討してきたが, 試験に使用した礫材はその強度によって分けてきた。礫材の圧縮強度として100kgf/cm^2程度のものが必要であったが, 実際の地層では岩の風化程度がその附近で急激に変化するために試料が得難く, 実験には使用していない。また試料として取扱った礫のいずれかまたはそれに類する岩層は, フィルダム築堤の際の土取場ではほぼ確実に遭遇する地層である。この試験結果をまとめてみると次のようになる。1.一般的な国頭マージ土のρ_<dmax>はほぼ1.35&acd;1.60t/m^3程度であって, 他の力学試験の結果から判断してさらにρdを上げる必要がある場合は礫質の選択が必要である。2.国頭マージ土の1/ρ_<dmax>&acd;ω_<opt>の関係は, 1/ρ_<dmax>=0.0114ω_<opt>+0.371で表わされる。3.締固めた試料の透水係数が最も小さな値を示す範囲は, ρ_dで1.35&acd;1.65t/m^3,ω_<opt>で20&acd;30%の土であり, その前後では透水係数は大きくなる傾向にある。4.礫の割合が40&acd;50%以上になると, 透水係数は急激に大きくなる。
The purpose of this paper is to examine the compaction characteristics of various Kunigami-Maaji soils and its gravel mixtures, which are frequently used for fill material of earth dams. The conclutions are as follows. (I) Maximum dry density of general Kunigami-Maaji soils obtained from compaction test, show the value in a range of 1.35-1.60t/m^3. (2) Relationship between 1/ρ_<dmax> and optimum moisture become linear and it can be shown that : 1/ρ_<dmax>=0.371+0.0114 W_<opt>. (3) Permeability coefficient shows the least value in a range of 1.35-1.60t/m^3 in dry density and 20-30% in optimum moisture.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/3941
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.32 p.83 -90
Appears in Collections:No.32 (1985/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000162238.pdf361KbAdobe PDFView/Open