HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
Global Education Center >
Bulletin of Global Education Center University of the Ryukyus >
No.2 (2018/3) >

 
Title :発話キャラクタは異なる言語間で変わりえるか : 日本人英語学習者Aに関するフォーカスグループの質的分析から
Title alternative :The Change of “Verbal Character” of a Japanese English Learner A Qualitative analysis of the focus group
Authors :山元, 淑乃
Authors alternative :Yamamoto, Yoshino
Issue Date :Mar-2018
Abstract :本研究は,一人の話し手が示す発話キャラクタが,異なる言語間で変わりえるかどうか,また変わる場合にはどのように変わるのかについて,探索的に解明することを目的とする。そのため,ある日本人英語学習者Aによる日本語と英語の講演の動画を使用し,その発話キャラクタの変化について,日本語でのAを知る12 名を研究参加者として,フォーカスグループを実施した。フォーカスグループのデータの質的分析の結果,Aの日本語と英語の間の発話キャラクタの変化は,研究参加者によってその捉え方が異なる微妙なものであったが,全員がAの何らかの発話キャラクタの変化を感じていたことが明らかになった。本フォーカスグループの参加者の大半にとって,Aは,日本語では説得性の高さを重視して聞き手に強く訴えかける『威厳のある熱い教育者』キャラであり,英語では了解性の高さを重視して聞き手に寄り添う『親しみやすくユーモアのある対話者』キャラであった。なお,この英語のキャラクタは,A自身が意図的に表現しようとしているという『温厚かつ重厚でユーモアのある紳士』キャラと,ある程度重なっており,Aは自らが意図するキャラクタの獲得に,ほぼ成功していることも示された。
This paper is an exploratory research to show whether the “verbal characters” of a Japanese English learner A change when using Japanese and English and, if they change, to identify each character in each language, utilizing a focus group of twelve participants who know what A is normally like in Japanese. Qualitative analysis of the focus group shows that all participants detect a change in A’s verbal character although participants’ views of the depth of change vary. For most of the participants, A has the verbal character of a “dignified passionate educator” in Japanese, someone who speaks in a pleading tone, and the verbal character of a “friendly and humorous conversationalist” in English, someone who kindly cares about listeners. A’s verbal character in English, identified by the focus group, has a substantial overlap with the verbal character of “mild, imposing and humorous gentleman” in English, which is intentionally produced by A. This intentionality means A’s tactics bear fruit in expressing his verbal character, as planned.
URL :http://isu.u-ryukyu.ac.jp/about/publications/
Type Local :紀要論文
ISSN :2432-728X
Publisher :琉球大学グローバル教育支援機構国際教育センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/41067
Citation :琉球大学国際教育センター紀要 no.2 p.18 -38
Appears in Collections:No.2 (2018/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No2p018.pdf788KbAdobe PDFView/Open