HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.27 (1980/11) >

 
Title :除伐後の林分構造(亜熱帯地域における常緑広葉樹林の択伐方式による施業法の研究 (III))(附属演習林)
Title alternative :On the stand composition after improvement cutting (Studies on the working techniques by selection system for the broad leaved forest in the subtropics (III)) (Forestry Experiment Station)
Authors :平田, 永二
砂川, 季昭
西沢, 正久
山盛, 直
新本, 光孝
田場, 和雄
Authors alternative :Hirata, Eiji
Sunakawa, Sueaki
Nishizawa, Masahisa
Yamamori, Naoshi
Aramoto, Mistunori
Taba, Kazuo
Issue Date :29-Nov-1980
Abstract :本報は, 琉球大学与那演習林79林班は小班内に設置された択伐試験地において, 相対幹距(Sr)を基準にして第1回目の保育伐(除伐)を行い, その結果についてまとめたものである。1.除伐後のha当り本数は, プロット2(Sr=13%)6025本, プロット3(Sr=17%)3817本, プロット4(Sr=21%)2917本, プロット7(Sr=13%)7475本, プロット8(Sr=17%)6150本, プロット9(Sr=21%)4150本である。2.目的樹種の構成比は, 除伐前に比べてやや上昇したが, しかし, なお10%前後の目的外樹種が保残残されている。3.除伐によって, 平均直径は0.2∿1.5cm, 平的樹高は0.1∿0.8mそれぞれ増大した。4.除伐率は, プロット2,3,4,7,8,9の順に, 44%, 31.4%, 46.3%, 16.1%, 31.0%, 35.3%で, ha当り材積はプロット2から順にそれぞれ125m^3,116m^3,85m^3,113m^3,83m^3,72m^3となっている。5.ワイブル分布のパラメーターb, c値が増加し, 除伐前に比べてやや正規型の直径分布を示した。しかし, 択伐林の直径分布は通常逆J字型の分布(マイヤー分布)を示すものと考えられ, その点では今回の除伐法には疑問も残るが, このことについては今後の研究課題にしたい。
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/4118
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.27 p.381 -385
Appears in Collections:No.27 (1980/11)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000162076.pdf287KbAdobe PDFView/Open