HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.26 (1979/12) >

 
Title :マングローブ林の防災機能に関する研究 (II) : ソロモン諸島マライタ島のランガランガラグーンに見られるマングローブ林について(林学科)
Title alternative :Studies on the Protective Functions of the Mangrove Forest against Erosion and Destruction : (II) On the Mangrove Forest in the Langa langa Lagoon, Malaita, the Solomon Islands (Department of Forestry)
Authors :佐藤, 一絋
Authors alternative :Sato, Kazuhiro
Issue Date :11-Dec-1979
Abstract :1978年10月, 長崎大学水産学部のソロモン諸島学術調査隊の一員として, ソロモン諸島を訪れる機会を得た。諸島の沿岸, 汽水域には, 旺盛に繁茂するマングローブ林が随所に見られるが, マライタ島中部西岸のランガランガラグーンで見た島列とRhizophoreの群落との関連を考察し, その防災的利用の可能性について述べた。アウキとブマの間, 北側三分の一はサンゴ礁のみで, 南側三分の二に, 島列がマライタ本島と平行して並んでいる。この島列の北側のものは, 海図上で島として表現されており, 外観は島のように見えるが, サンゴ礁の上に定着したマングローブの群落で, 海面下にサンゴ礁に由来する砂礫の堆積をもつが海面上に地面をもたないものである。このような群落内の堆積の上面は, 南にゆく程高くなり, 海面上に地面をもつようになると他の植生が見られる。このような状態は, この地域が隆起過程にあることの他に, マングローブ(Rhizophore sp.)の根系が波の力を減衰させる機能をもつことと関連すると考えられる。この機能を積極的に利用して, 防災的効果を期待する方法を提案した。植生筏法とでも云えるこの方法を実現するためには, 今後, 筏の構造, 肥料等について検討しなければならない。
The mangrove forest in the Langa langa Lagoon, Malaita, the Solomon Islands, was discussed from the point of view of the function to subside wave. According to the discusstions, one method called plant rafts method was suggested and two examples might be applied were shown as figures.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/4178
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.26 p.547 -560
Appears in Collections:No.26 (1979/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000162028.pdf1263KbAdobe PDFView/Open