HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.25 (1978/12) >

 
Title :沖縄県の豚および豚肉の生産構造と流通構造に関する研究 : 沖縄県の復帰前後における豚および豚肉流通機構の変化について(農学科)
Title alternative :Studies on production and marketing of hog and pork in Okinawa : An analysis on changes in hog and pork marketing in Okinawa before and after the reversion to Japan (Department of Agriculture)
Authors :吉田, 茂
Authors alternative :Yoshida, Shigeru
Issue Date :1-Dec-1978
Abstract :1)肉豚は生産された地域から最も近い屠畜場で屠殺・解体処理されることが望ましい。つまり, 具体的には北部で生産された豚は北部で屠殺・解体処理をし, 枝肉で中部, 南部へ輸送した方が屠畜場の効率的な利用, 豚および豚肉流通の効率の面(生体流通より枝肉流通の方が輸送費は安いし, 危険度も低い)からより好ましい。屠畜場の稼働率から判断すると南部の屠畜場を整理統合し, 北部や中部での屠殺量をふやすべきであろう。2)農協・食肉センタールートによる取引量は全体の約25%であるが流通成果の向上のためには取引量がもっとふえることが望ましい。ところが, 現在の農協・食肉センタールートには問題点がある。それは, 代金決済に時間がかかること(普通一週間後)と, 枝肉の評価について充分生産者を納得させえないことである。したがって, 今後は代金決済の短縮化の努力と, 枝肉評価において常に生産者が納得のいく方法が検討されなければならない。少しでも生産者が評価について不信をいだくようでは流通量の拡大は無理である。3)家畜商ルートによって小売段階がかためられており(65%∿70%), 農協・食肉センタールートによる, この末端の流通ルートを拡張することは至難の業である。県内における販売面においては小売段階において既存業者に割り込めない以上, 直接消費用豚肉の販売量を農協・食肉センタールートで拡大することはあまり期待できない。県外への需要開拓か, 県内の加工需要の拡大以外には考えられない。4)流通機能を変化させることによって, 農協・食肉センタールートの取引量を拡大することができるが, これには既存の家畜商の同意が必要となる。たとえば, 現在家畜商が行なっている豚の売買機能(集荷機能を含む)を農協に集中させ, 家畜商の機能を分離させる。家畜商は枝肉(又は部分肉)の卸ならびに小売機能へ集中させる。豚肉は枝肉(又は部分肉)によるセリ取引を行なうことにより, より合理的な価格形成が可能となる。5)復帰後, 豚および豚肉の流通の変化のあらゆる面でよりよい評価がでているが, 豚の庭先価格の安定性においては復帰前とほとんどかわっていない。今後の研究課題として生産者価格の変動要因を分析し, その安定化のための方策を検討する。
The purpose of this study was to analyze changes in hog and pork marketing in Okinawa before and after the reversion to Japan and to evaluate them. The important changes took place and evaluations for them are the followings : 1. Before the reversion, almost all of hog and pork marketing functions were done by individual slaughterers. After the reversion, agricultural cooperatives started to perform functions of assembling and forwarding hogs from farmers to the slaughterhouse. Agricultural cooperatives put these functions together regionally, and have been given farmers guidance in producing hogs to meet hog (pork) demand. 2. There were 31 slaughterhouses throughout Okinawa before the reversion. After consolidating, there presently exist only 12. Accordingly, number of hogs slaughtered per slaughterhouse was increased. Also, individual slaughterers were replaced by specialized slaughterers employed in slaughterhouses. 3. Transactions between individual slaughterers and farmers are still based on live hog. On the other hand, transactions between agricultural cooperatives and farmers are based on carcass. Before the reversion, farmers had to sell their hogs at the price which slaughterers want to set. Slaughterers were always getting advantage from hog transactions. After the reversion, farmers can take carcass prices for a yardstick of their live hog transactions. Entering agricultural cooperatives into hog marketing contributed to reduce regional and among farmers hog price differences existed before. 4. Compared with retail pork prices before the reversion, those after the reversion have been stabilized.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/4191
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.25 p.129 -140
Appears in Collections:No.25 (1978/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000161945.pdf829KbAdobe PDFView/Open