HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.25 (1978/12) >

 
Title :島尻層新里粘土の力学特性(農業工学科)
Title alternative :Some mechanical properties of Shinzato clay (Department of Agricultural Engineering)
Authors :新城, 俊也
小宮, 康明
Authors alternative :Shinjo, Toshiya
Komiya, Yasuaki
Issue Date :1-Dec-1978
Abstract :島尻層新里粘土の不撹乱試料について物理試験および力学試験を行ない, その結果を与那原層泥岩の特性と比較して次の結論を得た。1.標準貫入試験によるN値は未風化与那原層泥岩で50以上であるのに比べ, 新里粘土では20∿40と軟質で塑性的である。2.コンシステンシーから見た物性は, 与那原層泥岩と新里粘土, また, 風化層と未風化層はその差がない。塑性図ではCHに, 活性度では普通の活性度を有する粘土に属する。3.pHと炭酸カルシウム含有量から見た化学的性質は与那原層泥岩と新里粘土とでは差がなく, 風化層と未風化層にその差が認められる。4.圧密圧力181kg/cm^2までの高圧圧密試験を行なった結果, 未風化新里粘土は過圧密効果の外に続成作用による結合力の影響を受けていることが推察された。風化による結合力の破壊程度に応じて圧密降伏応力の差は土かぶり圧の差よりかなり大きい。5.また圧密降伏応力は未風化新里粘土で25kg/cm^2,与那原層泥岩で70kg/cm^2の例が測定されたが, 両者の差は過圧密効果以外に推積年代の差に反映されている。6.非排水強度Cuと液性指数I_Lの関係が未風化粘土, 風化粘土, 練返し粘土のそれぞれに成立し, I_L=0.2∿0.5の間で, 未風化粘土, 風化粘土, 練返し粘土の順に強度が小さくなることから, 風化による強度低下の主な要因はコンシステンシーなどの物性の変化にあるのではなく, 土の構造的強さの減少にある。7.新里粘土の有効応力による強度定数は, 風化や機械的撹乱による軟弱化に伴ってc'は減少, 消失するが, φ'はほぼ一定の値を示し, 練返して正規圧密した試料のc'=0,φ'=23°まで減少する。8.玉城村屋嘉部地内の地すべりを全応力にもとづくφ=0一解析法で安定解析を行った。その際, 風化土塊のlog Cu∿I_L関係は風化に応じて幅をもった直線関係群と仮定し, 強度の下限に関する直線関係とすべり面付近の含水比にもとづいた非排水強度Cuを用いた。
The purpose of this paper is to examine the mechanical properties of Shinzato clay that is obtained from Shinzato formation that deposited in Pliocene-Miocene Epoch of Tertiary Period and outcrops in the southern part of Okinawa Island. Then, some physical and chemical tests, consolidation tests and shearing tests carried out on the samples obtained from both weathered and unweathered zones in three sites. The conclusions are as follows. Shinzato clay is heavily overconsolidated clay with diagenetic bonds, and the index and mechanical properties are varied with weathering, that is, the mechanical behavior varies gradually from brittle behavior to that of plastic overconsolidated clay according to weathering.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/4207
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.25 p.325 -337
Appears in Collections:No.25 (1978/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000161961.pdf990KbAdobe PDFView/Open