HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Human science. Bulletin of the Faculty of Law and Letters, University of the Ryukyus, Department of Human Sciences >
No.38 (2018/3)  >

 
Title :教育におけるケアの位置 : 竹内常一の「集団づくりのケア的転回」の提起の検討を通じて考える
Title alternative :The Location of the Care in Education : Thinking based on an Examination of Tsunekazu Takeuchi's Problem Presentation of "Caring Turn of Shūdan-Zukuri"
Authors :長谷川, 裕
Authors alternative :Hasegawa, Yutaka
Issue Date :Mar-2018
Abstract :本稿は、生活指導・集団づくりを中心に研究を行ってきた日本の著名な教育学者である竹内常一が最近の著書『新・生活指導の理論―ケアと自治/学びと参加』(2016 年)の中で提起している、「集団づくりのケア的転回」について詳細に解釈・検討を行い、それを通じて、教育という営みの中に「ケア」をどのように位置づけるべきかを考えることをテーマとしたものである。
Type Local :紀要論文
ISSN :1343-4896
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/42158
Citation :人間科学 = Human Science no.38 p.61 -91
Appears in Collections:No.38 (2018/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No38p61.pdf683KbAdobe PDFView/Open