HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Human science. Bulletin of the Faculty of Law and Letters, University of the Ryukyus, Department of Human Sciences >
No.38 (2018/3)  >

 
Title :地域コミュニティに対する住民の価値観の構造
Title alternative :Psychological research on the structure of community values
Authors :加藤, 潤三
Authors alternative :Kato, Junzo
Issue Date :Mar-2018
Abstract :本研究の目的は、住民が地域コミュニティに対して求めるニーズであり、地域での実際的な生活において重視する地域の諸要素である『コミュニティ価値』について、その要素を抽出するとともに、要素間の関係性からコミュニティ価値の構造を検証することであった。地域特性の異なる3 市町村(大阪府吹田市、京都府京田辺市、沖縄県中城村)において調査を行ったところ、689 名(有効回収率46.9%)から回答があった。コミュニティ価値として、自由記述によって得られた1484 のコメントをKJ 法によって分類した結果、「交通」、「人間関係」、「自然」、「安全」、「教育・子育て」、「地域の発展」など16 の要素(大グループ)が抽出された。A 型図解の結果、コミュニティ価値は『合理性・利便性-情緒性・社会文化性』と『持続可能性(サステーナブル)-豊かさの向上(エンリッチ)』の2 次元的な構造に集約されることが明らかになった。
Type Local :紀要論文
ISSN :1343-4896
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/42165
Citation :人間科学 = Human Science no.38 p.93 -111
Appears in Collections:No.38 (2018/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No38p93.pdf997KbAdobe PDFView/Open