HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.25 (1978/12) >

 
Title :リュウキュウマツの伸長生長と木部形成(林学科)
Title alternative :Elongation growth and xylem formation in Pinusluchuensis (Department of Forestry)
Authors :小田, 一幸
仲宗根, 平男
Authors alternative :Oda, KazuYuki
Nakasone, Hirao
Issue Date :1-Dec-1978
Abstract :沖縄のような亜熱帯地域に生育している樹木の材質を認識するためには, 樹木がどのように生長しているのか知る必要があると考え, リュウキュウマツ幼令木を対象に生長の季節的経過を検討した。方法としては, 主幹のシュートと針葉の長さを1年間にわたって測定することによって, 外部形態的な生長を調べた。次に, 樹幹胸高付近から樹皮を含む木部小ブロックを1ケ月ごとに切り出し, 形成層活動と木部形成の経過を観察した。1 シュートの伸長は2月から4月にかけて急激に行われ, 5∿6月まで続いた。伸長が続いているときに始まる新芽形成の開始時期は明らかにできなかったが, 6∿7月ごろまでに芽は形成され, 新しいシュートは7月から伸び始めた。その後シュートは, 冬期では緩慢な伸び量を示すものの連続的に伸長し, 翌年の2月から再び急激に伸長した。このように, シュートの伸長生長は1年間連続的に行われ, この研究では休止期が認められなかった。なお, 針葉は3月から開き始め, 直線的にその長さを増加させたが, 7月までにはほとんど伸びきってしまった。2 形成層細胞の分裂は2月から活発になり, 2月20日には早材仮道管の形成が始まっていた。早材形成は7月まで続き, 8月から晩材が形成された。1月には形成層細胞の分裂が行われているのかどうかははっきりしなかったが, 1月21日には晩材仮道管の成熟がまだ終っていなかった。2月には再び形成層細胞の分裂が活発になり, 晩材形成が終了するとともに, 新たに早材仮道管の形成が始まっているのが認められた。したがって, 形成層細胞の分裂から始まって木部細胞への分化, 成熟と続く木部形成は, 1ケ月単位で考えると年間を通して連続的に行われたことになる。3 伸長生長と木部形成の季節的経過を関連させてみると, シュートが急激な伸長を開始する時期と形成層活動が活発になる時期はどちらも2月であった。また, 新しいシュートが伸び始める時期および針葉がほとんど伸びきった時期と晩材形成が始まる時期はほぼ一致していた。以上のように, リュウキュウマツ幼令木の伸長生長と木部形成の季節的経過を明らかにしてきたが, このような結果が成木についても言えるかどうか今後検討していく必要がある。
The elongation growth of shoot and the formation of xylem in 7-year-old Pinus luchuensis planted out in Okinawa were investigated throughout one growing season. The length of shoots and leaves was measured at top of the tree and samples of cambial zone with adjacent wood and bark were taken at breast height, at monthly intervals respectively. The shoot elongated rapidly from February to April and the elongation continued until either May or June. New bud formation which began during the shoot elongation phase, seemed to finish by July. The elongation of new shoot began from July and continued successively until the next season (Fig. 1). Consequently, there was no rest period between growing seasons. The elongation of the leaf began from early March and continued until late July (Fig. 2). The number of the cambial zone cells was a minimum in January and it increased in February and then was approximately constant until December (Fig. 3). The formation of earlywood tracheids began in February (Photo 5) and the number of cells from start of growth ring increased as shown Fig. 4. The number of the cambial zone cells decreased in January and latewood tracheids adjacent to the cambial zone were mature in February (Photo. 9). Thus, the xylem formation involved the phase of division of the cambial cells, the phase of expansion and the phase of maturation initiated in February and stopped in February.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/4220
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.25 p.631 -641
Appears in Collections:No.25 (1978/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000161974.pdf1207KbAdobe PDFView/Open