HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.25 (1978/12) >

 
Title :天然生広葉樹林の利用率について(資料)(農学部附属演習林)
Title alternative :Studies on the utilization factor of the natural broad leaved forest in Okinawa(Forestry Experiment Station)
Authors :平田, 永二
田場, 和雄
砂川, 季昭
Authors alternative :Hirata, Eiji
Taba, Kazuo
Sunakawa, Sueaki
Issue Date :1-Dec-1978
Abstract :1)本調査は, 天然生広葉樹の現実林分について, その利用率を原料材(パルプ材)および構造材(柱材)の両面から検討したものである。2)原料材利用率は, 年令の増加に比例して増加する傾向を示すが, これについては今後さらに検討してみる必要がある。3)構造材利用率は, 原料材利用率に比べて, 年令の増加に伴う増加の度合がゆるやかで, その値は極めて低い。4)将来, 保育を施すことによって, 構造材として利用可能と思われる材木の本数は, 40年で約30%に達し, 今後の施業改善によっては, 構造材生産林への誘導もけっして不可能ではないと考えられる。
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/4228
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.25 p.705 -710
Appears in Collections:No.25 (1978/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000161982.pdf329KbAdobe PDFView/Open