HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.24 (1977/12) >

 
Title :甘蔗幹茎酸性インベルターゼに関する研究(農芸化学科)
Title alternative :Studies on acid invertase of sugar cane stalk(Department of Agricultural Chemistry)
Authors :知念, 功
江川, 義和
外間, 宏一
四方, 治五郎
Authors alternative :Chinen, Isao
Egawa, Yoshikazu
Hokama, Koichi
Yomo, Harugoro
Issue Date :1-Dec-1977
Abstract :成長期の甘蔗幹茎搾汁より, 硫安飽和沈澱法により, 酸性インベルターゼを調製した。その調製粗酸性インベルターゼを用いて, その酵素活性測定条件を検討した。本酵素反応のpHは, 5.5であり, 温度は, 45℃であった。次にこの調製粗インベルターゼを, ゲルロ過法により精製した結果, セファデックスゲルG-150を用いて精製した場合, その活性分画の純化倍率は, 3.43倍になった。またこの活性分画をセファデックスゲルG-200を用いて精製すると, 2ツの活性ピークがみられた。その両ピークのうち, 主要活性ピークの純化倍率は, 4.78倍であった。この精製酵素を, ディスクゲル電気泳動法で, 純度を調べた結果この製精酵素では, 8ツのバンドが見られた。この精製酸性インベルターゼは, 塩化水銀, 塩化マンガン, 硫酸銅, PCMB等で著しく阻害を受けることがわかった。
Crude acid invertase was prepared from juice of sugar cane stalk by saturated ammonium salfate precipition. Assay condition for the enzyme was investigated; reaction pH was 5.5 and temparature 45℃. Two peaks of acid invertase activity were obtained by partitial purification from the crude enzyme by Sephadex G-150 and G-200 gel colume chromatography and specific activity of the main active peak was 4.78 fold increase. The acid invertase purified revealed eight bands by poly acrylamide disc gel electropholesis and were significantly inactivated by HgCl_2,MnCl_2,CuSO_4 and PCMB.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/4239
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.24 p.217 -229
Appears in Collections:No.24 (1977/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000162597.pdf716KbAdobe PDFView/Open