HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.24 (1977/12) >

 
Title :沖縄産甘蔗バガスの化学組成とその多糖類について(農芸化学科)
Title alternative :Studies on chemical composition of sugar cane bagasse in Okinawa(Department of Agricultural Chemistry)
Authors :安田, 正昭
金城, 棟秀
比嘉, 賀得
清水, 俊秀
Authors alternative :Yasuda, Masaaki
Kinjo, Munehide
Higa, Yoshinori
Shimizu, Toshihide
Issue Date :1-Dec-1977
Abstract :1沖縄産甘蔗バガスの主成分はセルロース, アルカリ抽出物, ペントーザン, リグニンであった。圧搾法あるいは浸出法によるバガスにおいては, アルカリ抽出物の含有率は前者による方が後者によるそれに比べて高く, セルロース含有率は逆に後者による方が前者によるそれに比べて高いことがわかった。またペクチン質の含有率は圧搾法によるバガスの方が浸出法によるそれに比べて高かった。2セルロースを除いた甘蔗バガスの構成糖はラムノース, キシロース, アラビノース, グルコース, ガラクトースおよびガラクツロン酸から成り, キシロースが主成分であった。
Sugar cane bagasse was mainly composed of cellulose, pentosan and lignin. Bagasse produced by mill method contained more cellulose than that by diffusor method. The reverse was found for the pentosan. Bagasse-polysaccharide except for cellulose contained rhamnose, xylose, arabinose, glucose, galactose and galacturonic acid, of which xylose was the most abundant.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/4244
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.24 p.269 -274
Appears in Collections:No.24 (1977/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000162602.pdf409KbAdobe PDFView/Open