HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.93 (2018/9) >

 
Title :持続可能社会に向けた教材の開発 : 中学校理科における外来生物を題材にして
Title alternative :A Development of Teaching Material for Sustainable Society : The Use of Subject on Alien Organism in Junior High School Science Class
Authors :比嘉, 俊
Authors alternative :Higa, Takashi
Issue Date :Sep-2018
Abstract :本研究は,持続社会に向けた市民育成のために外来生物を教材化し,その実践を生徒アンケートから考察した報告である。外来生物を教材化するにあたって,外来魚と在来魚の混合飼育,地域フィールドにおける外来生物の確認調査を行った。これらの調査結果をまとめ,外来生物に関する教材を作成し,試行授業を行った。授業後の生徒のアンケートから,生徒は外来生物の知識が身についたこと,外来生物の授業を肯定的に評価していることが確認できた。また,外来生物への対応策として生徒は,個人でできることと社会でやることの両面から対応策を提案していた。対応策についてはよく行われいる殺処分を良しとせず,外来生物の立場になって考え,生き物の命を大切にする生徒コメントもみられた。外来生物を通して市民として今の環境をどのように保全するかについての話し合いを生徒は行っていた。外来生物を教材とした理科授業実践はまだ少なく,今後の実践の蓄積が期待される。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/42628
Citation :琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus no.93 p.115 -124
Appears in Collections:No.93 (2018/9)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
no93p115.pdf2245KbAdobe PDFView/Open