HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.93 (2018/9) >

 
Title :小・中学生向けe-Learnigシステム構築における課題の探索 : 琉大ハカセ塾Moodle2017の運用
Title alternative :Research of Issues in the Implementation of Moodle System for Young Students : In Case of Ryu-dai Junior Doctor Moodle 2017
Authors :宮国, 泰史
福本, 晃造
杉尾, 幸司
前野, 昌弘
伊禮, 三之
古川, 雅英
Authors alternative :Miyaguni, Yasushi
Fukumoto, Kozo
Sugio, Koji
Maeno, Masahiro
Irei, Mitsuyuki
Furukawa, Masahide
Issue Date :Sep-2018
Abstract :近年では、従来の学校教育において中心的な指導法として行われてきた「一斉学習」に加え、「個別学習」や「協働学習」など、さまざまな授業形態の活用が求められている。このような授業形態の一つである「反転授業」では、授業時間外にデジタル教材等により知識習得を済ませる必要があるため、家庭等で情報通信技術(ICT)を活用した学習を行う必要がある。このような学習形態を支えるためにはe ラーニングプラットフォームの学習管理システム(LMS: Learning Management System)が必要である。「Moodle(ムードル)」は世界中で利用されている代表的なLMS の一つであり、日本においても、全国の大学等、多数の高等教育機関などで利用され、多くの教育実践事例が報告されている。一方で、初等中等教育における、Moodle の導入・活用事例についての報告は少なく、特に小中学校で活用する場合にどのような課題が生じるかの知見は不足している。本稿では、琉球大学が2018 年度に運用を開始したMoodle 型プラットフォームe − Learning システム、「琉大ハカセ塾Moodle」の2017 年度の運用状況と受講生へのアンケート調査の結果をもとに、小中学校段階の児童・生徒に対してe − Learningシステムを構築する際の課題について議論する。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/42645
Citation :琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus no.93 p.41 -51
Appears in Collections:No.93 (2018/9)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
no93p41.pdf2678KbAdobe PDFView/Open