HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.23 (1976/12) >

 
Title :レクリェーション利用者の分析(西表島の森林レクリェーションに関する研究 (II))(農学部附属熱帯農学研究施設)
Title alternative :On the analysis of recrreation visitors (Studies on the forest recreation in Iriomote Island (II)) (Research Institute of Tropical Agriculture)
Authors :新本, 光孝
砂川, 季昭
Authors alternative :Aramoto, Mitsunori
Sunakawa, Sueaki
Issue Date :1-Dec-1976
Abstract :この研究は, 亜熱帯的自然景観をほぼ完全に保有する西表島をとりあげ, 森林レクリェーション利用者の動向を把握するためにおこなったものである。調査の結果を要約するとつぎのとおりである。1.入域者の分析1)西表島における過去3ケ年間(昭和48年, 同49年, 同50年)の入域者は漸次増加の傾向にある。2)西表島における森林レクリェーション利用のタイプは, 春および夏を中心とする二季型であることが認められる。3)西表島(西部地区)の夏季における森林レクリェーション利用者の類型は, 県外の利用者が宿泊型であるに対し, 県内の利用者は日帰り型であることが明らかとなった。2.アンケート調査の分析1)吸引圏 吸引圏は, 北は北海道から南は沖縄までほぼ全国的におよんでいる。2)交通構造 交通手段は, 本土・那覇間, 那覇・石垣間ともに航空機よりも船舶を利用しているものが多い。3)利用者の年代および職業 利用者は若い層が多く, 10代と20代で全体の約90%を占めている。職業は学生・生徒がもっとも多い。4)行動の規模 利用者の構成は, 友人グループ(2∿4人)とつれだってくるものが多い。滞在期間は2∿4泊を中心とする宿泊型が大きな比重を占めている。5)利用上の性格 森林レクリェーション利用上の性格は, 風景鑑賞と自然探勝が中心課題である。
1. The purpose of the present study is to make it clear that the constitution of recreation visitors in Iriomote Island. 2. In this report, the authors also to grasp seasonal variation of visitors and surveyed the distribution, the means of transportation, the occupation and the impression of recreation visitors by inquiry reserch.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/4318
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.23 p.413 -423
Appears in Collections:No.23 (1976/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000162582.pdf607KbAdobe PDFView/Open