HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Peer-reviewed Journal Articles (Faculty of Education) >

 
Title :変則的な複式学級での授業実践に必要なものとは何か
Title alternative :The Necessaries to Teach in the Anomalous Combined Class of Two Grades
Authors :吉田, 安規良
呉我, 実香
Authors alternative :Yoshida, Akira
Goga, Mika
Issue Date :Mar-2009
Abstract :沖縄県教育庁八重山教育事務所管内の2つの小学校の変則的な複式学級設置校での授業実践から、変則的な複式学級での教育実践に何が必要かを考察した。(1)2つの小学校とも、教育課程や校内人事を工夫し、授業運営を可能な限り単式化していた。(2)国語の複式授業では、変則的な複式学級特有といえるような特別な工夫は見あたらず、「わたり」や「ずらし」といった複式学級一般で用いられる手法が利用されていた。少人数のため徹底的に個に応じた指導が行われており、「変則的な複式学級だから必要とされる資質・能力」というより、「目の前の子どもに寄り添った指導」ができることが重要である。
本論文は『研究論文集-教育系・文系の九州地区国立大学間連携論文集-』Vol.2, No.2(2009/3)に査読を経て受理された。
URL :http://id.nii.ac.jp/1066/00000089/
Type Local :雑誌掲載論文
ISSN :1882-8728
Publisher :九州地区国立大学間の連携に係る企画委員会リポジトリ部会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/43286
Citation :研究論文集-教育系・文系の九州地区国立大学間連携論文集- Vol.2 no.2
Appears in Collections:Peer-reviewed Journal Articles (Faculty of Education)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Yoshida hoka_2-2 2009.pdf3181KbAdobe PDFView/Open