HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.22 (1975/12) >

 
Title :沖縄における農地保全の基礎的研究 VI : パイン園における土壌侵食の調査研究 (1) (農業工学科)
Title alternative :Fundamental studies on farmland conservation in Okinawa VI : Soil erosion study and investigation on pineapple eapple orchard (1) (Department of Agricultural Engeneering)
Authors :翁長, 謙良
Authors alternative :Onaga, Kenryo
Issue Date :1-Dec-1975
Abstract :パイン園における土壌侵食の調査は1975年3月11日から4月1日の間に行なった。調査項目は表1に示すほか, パインの栽植方法をも調べたが, 上下植, 等高植, 斜植等の方法がみられ, 株の列も2列, 4列, 5列, 6列などさまざまである。パインの植付けは, いわゆる畦立をして行うものでなく, 列によって上下植, 等高植等と区別されて呼ばれているのが普通である。また調査時点におけるパイン園の上下植と等高植との間には侵食上の差異はみられなかった。然し肥培管理のために上下方向に水みちが形成される場合は適めて重大である。以上の調査結果は次のように要約される。1.一雨13mm以上の雨の回数について調べた結果1974年4月∿1975年3月の12ケ月の間に川田, 名護, 名嘉真において, それぞれ47回, 49回, 39回観測された。名嘉真以外は那覇における1960∿1974年の15ケ年の平均値39回を上回るものである。2.月別の降雨エネルギーの分布は, 那覇, 名護における降雨量の年平化と5. 6月のピークが相対的に低いほか, 殆んど同じ傾向を示している。今後は土壌保全上, 時期別の降雨エネルギーについても更に検討を重ねる必要がある。3.パイン畑の傾向とガリの条数の間には相関関係はみられないが, 傾斜面の水みちの発生要因が土壌要因や, 傾斜面の起伏状態にあづかっているものと思われる。4.傾斜と非侵食帯巾の関係については, ある程度の相関関係がみられるが, なお多くの事例をもとに明らかにされねばならない。5.降雨エネルギーと土壌流出との関係について比例的な関係があるが, 今後は植生の被覆度との関連で考究する必要がある。
Soil erosion study and investigation on pineapple orchard was made in order to analyse the factors affected to soil erosion. Also rainfall energy from Mar. 1974 to Mar. 1975 was calculated based on a series of storm over 13mm at Nakama, Nago and Kawata. 30 pineapple orchards, located northern parts Okinawa, were investingated. The items investigated were shown table I. The results of the investigation are as follows. 1. The number of storm over 13mm from Mar. 1974 to Mar. 1975 were 50 (Kawata), 51 (Nago), 41 (Nakama) respectively. 2. Monthly rainfall energy at that period was nearly equal to that of average monthly rainfall at Naha. 3. The relation between the slope of the orchards and the number of gully per 20m width was not identified. 4. The relation between the slope of the orchard and uneroded width from upper edge of the orchard was shown as the regresion equation U=-0.54S+14.0. where U : uneroded width (m), S : steepness of slope (degree), and the corelation coefficient between U and S was 0.75.
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/4341
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.22 p.299 -307
Appears in Collections:No.22 (1975/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000162526.pdf431KbAdobe PDFView/Open