HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.21 (1974/12) >

 
Title :忌避剤と誘引剤の農薬としての価値の再発見(農芸化学科)
Title alternative :Rediscovery of the Pesticidal Significance of Repellents and Attractants (Department of Agricultural Chemistry)
Authors :小波本, 直忠
Authors alternative :Kobamoto, Naotada
Issue Date :1-Dec-1974
Abstract :近年, 農薬の公害と昆虫の農薬抵抗性発現が問題化しているが, これらは, 農薬の持つ毒性と貴伝的スクリーニングに起因するものであり, 新農薬は, これら二要因を持たない化学物質であることが要求されている。忌避剤と誘引剤は, 毒性を持たず, 地域的スクリーニングを達成し, 理想的な農薬の一形態であり, さらに, 有機物の大量使用による環境汚染を避けるため, 地殻を形成する主要8元素の使用の可能性について考察し, アルミニウムを除く他の元素は, 昆虫の忌避剤として利用価値のあることが明らかになったが, それらの実用化には, 製剤化学的研究が, 強く要求されているが, その進むべき一方向を示した。
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/4368
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.21 p.123 -129
Appears in Collections:No.21 (1974/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000162472.pdf419KbAdobe PDFView/Open