HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.69 (2006/9) >

 
Title :思考のパースペクティブ性に関する一考察
Title alternative :A consideration about a perspectiveness of thinking.
Authors :道田, 泰司
Authors alternative :Michita, Yasushi
Issue Date :Sep-2006
Abstract :本稿は,批判的思考の中に含まれる重要な概念である「一面的ではないやり方で考えること」について,それがどのようにありうるのか,あるいはどのようにありえないのかについて考察することを目的とした。まず,人には枠組みが必要であり,それは疑いの対象とならないことと,他視点の取得が本来容易にできることを確認した。その上で,視点の切り替えが「内なる目」としての意識のなせる技であること,それを行わない場合や,我々の視点を権威者の視点に固定してしまう場合,無パースペクティブ的な表現を使ってしまう場合に他者不理解が生じることを見た。また,パースペクティブが身体から生まれることを確認した。最後に,パースペクティブという視点から批判的思考をどのように捉えることができるかについて考察し,批判的思考の中心にあるのが「視点」に関わる事柄であることを明らかにした。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/437
Citation :琉球大学教育学部紀要 no.69 p.95 -106
Appears in Collections:No.69 (2006/9)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
michita_04.pdf1425KbAdobe PDFView/Open