HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
International Institute for Okinawan Studies at the University of the Ryukyus >
IJOS : International journal of Okinawan studies >
Vol.5 (2014/12) >

 
Title :Translating the "Abyss" in Sakiyama Tami's Kuja Stories
Title alternative :崎山多美のクジャ連作における「淵」を翻訳する
Authors :Young, Victoria
Authors alternative :ヤング, ヴィクトリア
Issue Date :26-Dec-2014
Abstract :1990 年代の「沖縄ブーム」以来、「沖縄文学」は、文学のジャンルとしての地位を確立するようになる一方、沖縄の作家による文学作品を、主流文化が同化または着服/横領(appropriation)するという状況ももたらすことになった。2006 年から2008 年の間に文芸誌『すばる』に発表された崎山多美の「クジャ連作」は、米軍基地の陰で「淵のマチ」として存在する「クジャ」という場を描いた7つの短編小説で構成されているが、それらは、主流文化が沖縄文学に抱く期待に抵抗し、さらにそうした期待を転覆する描写で知られている。本稿では、崎山の言う「淵」の意義に注目し、フェミニスト文学批評におけるエクリチュール・フェミニンという概念や「翻訳」の理論を援用しながら、崎山の文学に対する新しい読みの可能性を探りたい。
Type Local :雑誌掲載論文
ISSN :2185-4882
Publisher :the International Institute for Okinawan Studies, University of the Ryukyus
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/43826
Citation :International journal of Okinawan studies Vol.5 p.19 -32
Appears in Collections:Vol.5 (2014/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol5No1p19.pdf581KbAdobe PDFView/Open