HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus >
No.21 (1974/12) >

 
Title :のり面植栽工法と土砂流出量の関係について(資料)(林学科)
Title alternative :On the relation of soil loss and slope sodding work (Department of Forestry)
Authors :幸喜, 善福
黒島, 一雄
Authors alternative :Koki, Zenfuku
Kuroshima, Kazuo
Issue Date :1-Dec-1974
Abstract :1)のり面植栽工法と流出土砂量および流出水量の関係について, 琉球大学農学部付属農場畜産部の南西斜面(斜面角22∿24度)の泥灰岩土壌ののり面において実験した。2)実験床は対照区と植栽区にわけた。植栽区は被覆度をほゞ14%と等しくし, のり面に筋芝を斜めに植えつけた斜め植栽区と等高線方向と直角に植えつけた縦植栽区および等高線と同一方向に筋芝を植えつけた横植栽区とした。3)その結果, 流出土砂および流出水の抑制の面から最もよい植栽工法は等高線と同一方向に筋芝を植えつける横植栽工法であり, 最も悪いのはのり面を被覆しないでそのまま放置することであった。表面侵食防止には, のり面被覆は重要なことであり, 植生は大切である。
Type Local :紀要論文
ISSN :0370-4246
Publisher :琉球大学農学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/4390
Citation :琉球大学農学部学術報告 = The Science Bulletin of the Faculty of Agriculture. University of the Ryukyus no.21 p.593 -596
Appears in Collections:No.21 (1974/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000162494.pdf310KbAdobe PDFView/Open