HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.94 (2019/3) >

 
Title :外国語活動と教科としての英語における小学校教員の評価に対する意識の変化
Title alternative :Assessment of Foreign Language Activities and English as a Subject: Elementary School Teachers'Changing Perceptions
Authors :深澤, 真
Authors alternative :Fukazawa, Makoto
Issue Date :Mar-2019
Abstract :本研究は, 2020年に小学校で導入される教科としての英語(以下小学校英語)に向け,評価に対する教員の意識が外国語活動に比べどのように変化するかを調査し,小学校英語教育の一助とすることを目的としている。この目標のもと国公立の小学校12校の教員を対象に,外国語活軌,および小学校英語における9つの評価項目の重要度や活用する評価方法に関するアンケート調査を4件法で行った。調査結果の記述統計を検討するともに,外国語活動における評価の意識と小学校英語に対する評価の意識の変化を見るため平均値の比較も統計的に行った。その結果,小学校英語では,外国語活動に比べて,読む能力,書く能力,文法の知識の重要度が高くなる傾向にあることがわかった。また,活用する評価方法に関しては,筆記テストや小テストなど読む能力や書く能力を測る評価方法や,話す能力を測るパフォーマンステストなどの活用を考えていることもわかった。これらの結果を基に,小学校英語を評価していく上での教育的示唆を行う。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/44029
Citation :琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus no.94 p.171 -182
Appears in Collections:No.94 (2019/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No94p171.pdf13297KbAdobe PDFView/Open